子宮の摘出をした人は、すべき浄化が出来ないのでしょうか?

子宮の摘出と浄化の関係

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

更年期の女性の「運命の輪」の変化に、
昨日は、女性は生理で自分自身だけでなく、
家系の浄化もしている、というお話をしました。



これを書くときっと質問が来るだろうな、、、
と待っていたら、ちゃんと来ました(^▽^)/

しっかり読んでくださっていて、
とても嬉しいです。

ご質問は、
子宮筋腫で子宮の摘出をしたので、
生理はなくなったという方からです。

そのような場合には、すべきはずの浄化ができていない、
ということになるのか。
もしそうならば、どういう事に気をつけて過ごせばいいのか。

というご質問です。

はい。
ご心配はいりませんよ。大丈夫です。

子宮筋腫の意味も、子宮を失う事の意味も、
個人によって違う意味があると思いますが、
共通して言えそうな事は、

あなたの子宮や生理を使っての浄化は完了しました。
という事です。

摘出する前には大量の出血がありましたよね?
大量の出血、という形でこの方は何かをされていたのだと思います。
その大きな役割を解かれたのでしょう。

今後は自分自身のために、自分自身の浄化をすればいいのです。
浄化の様々な方法やグッズは、
フェアリーブルーのサイトでご紹介していますので、
参考になさってくださいね。

そして、更年期と同じように霊的に進化する時期なのだ、
それが自分は可能なのだ、という事を知っていてください。

■ 編集後記 ■ >>>>>>>>>>>>>>>>>>

棒鱈を作っています

ご報告です(=^・^=)

今日、商店街で乾燥した棒鱈を発見しました。
ネットで調べていた価格と比べても、
中ぐらいの感じだったので、
購入しました。

さっそく水につけて戻し始めました。

で、棒鱈って、臭いがきついのです。
うちのにゃんちゅうがソワソワ~ソワソワ~♪
ソワソワ~ソワソワ~♪

ソワソワ~ソワソワ~♪
ソワソワ~ソワソワ~♪

落ち着きません。
なんとか棒鱈をゲットしようとしますが、
まだ固すぎて歯が立たないはずです。

その容器にはフタがあったので、
フタを閉めてしまうと、
しばらくして諦めたようです。

味付けナシの、にゃんちゅう用の棒鱈も
作るしかないな、と思っています。

では。