水と塩 by薬師如来

水と塩 by薬師如来

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

明日は小正月。
どんと焼きをする神社も多いでしょうね。

お正月気分も抜けつつ
節分・立春の区切りまでの大切な期間、
どのように過ごしたらいいのかチャネリングメッセージを頂いてみますね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

水と塩  by薬師如来

この時期、たくさんの水を飲みなさい。
上質な塩を溶かし込んだ水を、
たっぷり飲むことで、
あなたの体内バランスを浄化し、
調整しましょう。

細胞の一つ一つが乾燥しています。
乾燥はあなたを老化させ、
本来なら簡単に排泄できるネガティブなエネルギーを、
しっかりと定着させてしまうのです。

そして頭も身体も硬くなります。

水と上質な塩は、
あなたがすでに不要になったものを、
細胞から分離させて、
体液とともに排泄するのを助けるでしょう。

たっぷりの水を飲んで、
身体の電解質のバランスを整えましょう。

そしてたっぷりの水と上質の塩は、あなたの魂を潤すでしょう。
魂は水のエネルギーを欲しがっています。
あなたの魂に水のエレメントを届けるためにも、
努力して水と塩を摂らなくてはなりません。

立春は、もう一つのお正月です。
1月1日のお正月と、立春のお正月の間に、
あなたが願った事、
あなたが祈った事は、叶いやすくなります。

あなたの魂を通った願いは、
あなたのエゴを通った願いよりも、
何倍も叶うでしょう。

だから、魂に水のエレメントを届けるのです。
魂をみずみずしい状態にして、

身体・こころ・魂のつながりを調整し、
みずみずしいあなたでいてください。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

水と塩は身体の基本の基本だとは思っていましたが、
魂にとってもそうだったのですね。

どのくらいの量の水や塩が必要なのか、
具体的には教えてもらえませんでしたが、
かなり多いようでしたよ。

では。