嫌なことも楽しむには

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日も引き続き「毎日石垣島計画」。
毎日を少しでも楽しく過ごせるような考え方についてです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆嫌な気持ちになる原因はその行動にあり
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

嫌な気持ちになる原因は

私たちは、毎日の生活のちょっとしたことで、自分の人生を振り返り
これでいいのかな、と見直すということがあります。

自分の行動基準が、いつの間にか人に左右されている事実にふと気づくこともあります。

働かないと食べていけないから、嫌な仕事でも頑張る。
子どもとしては、親としてはこうすべきだ、と行動する。
人に頼むより自分がする方が早い。
配偶者の機嫌を損ねたくないから、こうやるしかない。
後で楽をしたいから今これをしよう。

「108回音読する元型」の歌からこの状態をチョイスすると

将来の 輝く自分を夢に見て 今は嫌いな事を続ける

ねばべきで 自分も相手も縛り付け 正しく生きて息たえだえ

という感じでしょうか。

ほとんどの方がこのような考えをもって動いたことがあると思います。
この考えのもとに動くのは本当につらくて嫌な気分になりますし、それが一日中続くこともあります。

その時、あなたはどうしますか。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆嫌なことはすぐやめよう
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

不快な行動ばかりをしている自分の状態に気付くということは必要不可欠です。

だって、その不快なことはやらなくてもいいことかもしれないのです。
止めても何ら支障はないかもしれない。
でも、それをもしやめたらどうなるか、と考えたときに悲惨な未来しか浮かんでこなかったら、すぐに聞いてくれる人を探し、一緒に考えてもらってほしいのです。

そして、本当にやめられないのかどうかを判断してもらいましょう。
「止められない」とあなたが思い込んでいるだけかもしれませんよ。

例えば、いい学校に入って卒業しないと立派な社会人になれないかもしれない。
食べていけないのは困るから、頑張らなくちゃ、という思い込み。

実際に社会に出ると、学歴だけがすべてを決めるのではないことが分かります。
日常生活に支障がない程度は、義務教育の間に身に着けています。
有名な斎藤一人さんも、高学歴ではなかったはずです。

今の夫と離婚したら生活できない。
それもおそらく妄想ではないでしょうか。
案ずるより産むがやすしと言います。
実際離婚してみたら驚くほど楽になることもあります。
むしろすべてがうまくいき始めることもあります。
それは私の体験からも言えることです。

これをやめてしまったら・・・と悪い未来しか見えないというあなたには
108回の元型カードをお勧めします。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆方法その1
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

嫌な事ばかりをやりすぎて、自分にとって何が快適でうれしいことなのかがすでに分からなくなってしまっているあなた。

自分は何をしている時に楽しい気持ちになるのかを思い出してください。
好きなものを食べている時かもしれないし
お風呂でくつろいでいる時かもしれません。
朝起きて顔を洗う時の水の感覚、ということもあるかもしれません。

嬉しいことを思い出す、これはとても大切なことですよ。
慌てずゆっくりと考えてみてください。

健康のためにあれこれしている、という人も、「健康に良い」という思い込みを取っ払って本当にそうなのかどうか、時々考えてみましょう。

ストレスがたまらないことは何かを考えると簡単かもしれません。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆方法その2
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

嫌だと思っても、どうしてもやらなければいけないことも世の中にはたくさんあります。
ポイントは、それをいかに楽しむかです。

自分でゴールを定め、無事にゴールしたらご褒美、というふうに決める、とか
手間がかからない工夫をしたり、とか。
嫌なことを短時間で楽しく終わらせるためにいい方法を考えてみます。
または、その嫌なことに学びがあるのかも、と考えながらやってみます。

その人に合う方法が必ずどこかにあるはずです。

とにかく、何とかしてそれを楽しめるような方法を考えましょう!

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆努力、ガマン、苦労上等?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「好きな事だけやって生活はできない。我慢してやっていくことが人生なんだ」
戦争を生き抜いてきた私の父は、このような価値観のもとに生きています。
これはこれで、父の真実でしょう。

そんな父の仕事は、私から見ると彼の天職とも思えるものでした。
楽しくやろう、ではなく、苦労して我慢して・・・という世界ですが
父にはそれがぴったりだったのです。

私は父とは逆に、好きで楽しいことしかやらない、と決めています。
それでも、どんどん進んでいけばどこかに壁があったり、面倒なことが起こったりします。
でも、好きな事ならそれも楽しむことができるものです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆楽しくて好きなことを仕事にする
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

好きなことをして食っていく。
よく聞く言葉ですが、これほどうらやましいことはない気がします。

今から職業としての「仕事」について述べていきますが
もう少し広い意味で、この世で私たちがやるべきこととして受け止めてください。
食っていく、はちょっと忘れてくださいね。

私は、キルト作家、気功教室の先生、小説家。
好きなことを仕事にしようといろいろやったのです。
でもどれもダメ。
生きていくために何か仕事を、と思っても、なぜか続きませんでした。

もう後がない、明日食べるコメもない。
そういう状態の時に「フェアリーブルー」を始めたのです。
私が何かを売るなんて、と思っていましたし、考えたこともありませんでした。
これがやってみると楽しいし、しかもできたんです!

不思議なことに、今までトライしてきた仕事で得た知識などもすべて
今、別の形で生かされています。
きっと私の指導霊さまが導いてくださったのだと思っています。

目の前にあることを必死にやり、それを楽しむ。
好きなことを仕事にしようというのは失敗しましたが、今はそれが学びだった、
目の前のことを楽しむというこの現状が私の使命であると思えるようになったのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆あなたは仕事に選ばれている
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

あなたは仕事に選ばれている

仕事ややるべきこと、使命はこちらから追いかけていくものではなく
あちらからやってくるもの。
私はそう感じています。

何人かに今の仕事はどうしてやることになったのか、と聞いてみました。
すると、「好きだから」という答えはとても少なかったのです。

「高収入の仕事の試験を受けに行ったら、前にすごい美人が座ったから
これだ!と思った」
その人は、今ではすっかりカリスマとなっているようなすごい人です。

こんなちょっとしたきっかけで、職業が決まることもあるのです。

天職、という言葉があるように、仕事は天に決められていて
それ以外はできないようになっているのです。
そこにたどり着くまでにやって来たことは、必ず役に立っているはずです。

我、そして欲。
天は私たちに備わっているものを利用し、導いてくれている。
だから、目の前のことを楽しめば大丈夫なんです。

楽しいことが好き、楽なことが好き、それもよし。
努力やガマン、根性、というものが好き。
それならその道を行けばいい。
結局、シンプルなことなんですね。