この世は学校、だから…

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。
連休は楽しく過ごされたでしょうか?

私は…という話は編集後記で。

さて、連休の間に私、少し反省しました。

このメルマガは本当に役に立つ情報を、
お伝えしているかしら?

読んで楽しい内容になっているかしら?

などなど。

今後はそんな内容になるように努力しますね。
 
 
さて、朔旦冬至のメッセージをお知らせしたり、
それ以前にもしつこく「浄化」の事はお伝えしていますよね。

今年の旧正月は2月19日ですから、
本当にエネルギーが切り替わるまでもう少し時間があります。

その間に節分もありますね。

一年で一番浄化に適している時期に、
何回かポイントとなる日付があります。

こういう時期は、深い浄化が起きやすいし、
深い浄化へと至るきっかけになりやすいのです。
だから特にこの時期には、
何度もお知らせしなくては、という事になるんです。
 
 
ではなぜそんなに浄化が大切なのでしょうか?
 
 
「この世は学校」だ、とよく言われますよね。
私もそう感じているので、
なんどかお伝えしてきました。

この世は学校なんです。
幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、社会人…
と成長とともに順番に学年が上がります。

私たちの人格・魂レベルも同じ様に、
幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、社会人…
というように、成長とともに順番に上がっていきます。

現実の学校は、リアルだし自分がどの学年にいるのかハッキリわかるし、
テストや成績表があります。
そのよしあしは別にしても、
現在地はよく分かりますよね。

人格・魂のレベルは、そんな風に簡単には分かりません。
でも様々な先輩たちが目安となる事を教えてくれているので、
だいたいは分かるかもしれません。

それも今度ご紹介しますね。

で、私たちは「この世」という学校で与えられた課題に取り組んで、
すんなり解答出来ることもあるし、
真剣に悩む事もあるし、
袋小路にはまり込んで苦戦する事もありますよね。

アチューメントとは、袋小路にはまり込んだ状態の部分を、
違うよ、こっちだよ、とヒントと方向性をいただくような物です。

私たちの課題は、高次元の存在と魂との間で決められた事ですから、
(そうなんです)
高次元の存在は、学校の先生というか、家庭教師というか、
何かそんな感じでしょうか。

自分よりも上の存在に助けてもらう部分、
いわゆる「他力」です。

それに対して、例題や宿題に取り組むのが「自力」の部分です。
その「自力」が出やすいように、
例題や宿題に取り組みやすくしてくれるのが、

「浄化」なのです。
 
 
■ 編集後記 ………………………………

連休の間、私は4日間出張で、
そのうち3日はセミナーを受けていました。

全部東京方面のセミナーだったので、
こういう時には「液体断食」にいいのです。

家にいると、子供のご飯を作ったりするので、
味見をしたりして、
なかなか液体断食に徹する事が難しいのですが、

外に出てしまうとそれがないので、
比較的楽に出来るんです。
 
 
お正月の間にしばらく出来なったので、
調子に乗って、
初日と3日目に取り組んだら、

大坂に戻ったらなんだかフラフラするのです。
体重は1キロくらいの減少で収まったけれど、
どうも、今の私の減らしても大丈夫な体重の、
限界を超えそうな気がします。

つまり逆に言うと、
そこまでしかまだプラーナを摂取できていない、
と言うことです。

もっとプラーナを活用できるようになれば、
フラフラしたり、体重が減ったりは無くなるはずです。
 
 
というわけで、今日はしっかり食べて、
(一日300kcalくらいですが)
プラーナ呼吸(勝手に作りました)をせっせとしています。