瞑想で内なる声を聞きとる準備を

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

本日は、魂の声を聞き、次のレベルへとステップアップするためのツールについて
お話をしてみようと思います。

カウンセリング等で、いろんな悩みやテーマをお聞きます。
具体的に起きていることは様々ですが、きちんと整理していくと
結局似たようなテーマにたどり着きます。

自立、お金、性別、人間関係、そして病気、その他。

それを乗り越えていくためにどうするべきか。
その人の課題は何で、そこから何を学ぶのか。

これらは意外にシンプルで、どのテーマに取り組んでいても
最終的には共通の場所へとたどり着きます。

レベルアップするにはどうしたらいいのかというのも
意外にシンプルなものです。

テーマは多くても、方法は多くは要らないのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆無意識に過ごす時が多すぎる
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

無意識

瞑想こそが、成長するための最高のツールということが分かってきました。
何を学んでも、最終的に行き着く所だからです。
でも、実は瞑想が苦手な私。
それ以外でステップアップできる方法を探すのですが・・・。

あらゆる方向から試しても、やっぱり瞑想なのです。

別の角度から言いますと。

知識が多くても、成長が早いわけではありません。
詰めるだけ詰めても、あまり意味がないのです。
だって、知識が足りなければ検索をすればいいだけのことです。
知識はあくまでもベースで、それ以上にはなれません。

必要な時に、ぱっと知恵が出てくる。
これが一番大切なのですが、その知恵はどこからやってくるのでしょうか。

きっと、意識と無意識をさらに超えた所からなのです。

「下手な考え休むに似たり」

そういう言葉がありますが、その通りなのです。
何かを一生懸命考える時、頭は意外にも空っぽだったりします。
自分自身を観察してみてください。

ふとひらめきがやってくる。
それに、後付で理由を考える。
これは脳科学として証明されている事柄です。

ただ、そのひらめきが、エゴ様や感情、無意識からなのか
それらを超えた所からなのか、
その違いが重要なのです。

感情は、無意識です。
自然と涙がこぼれる、というのは間違いなく無意識ですよね。
涙を止めることは意識してできるけれど
その感情は、意識的に引き出しているものではありません。
恋愛もそうです。
感情は無意識なんです。
例えば、悲しくて涙が出るのは無意識ですよね。
無理やり誰かに恋をすることも、恋を諦めるのも
難しいことである理由は、無意識からきているからなんです。

例えば買い物で買うか買わないか迷っている時。
予算がな、でも素敵だな・・・とか、あとここのデザインがな・・・とか
いろいろ考えます。

でも、本当に迷っているのでしょうか。

自分の中ではすでに決まっていて、その理由を後付で探していませんか。
そしてその行動にうつるきっかけを探しているのではないですか。

買う、買わないという理論は、無意識に行われていますよね。

エゴ様もほぼ無意識に働いています。
自分のエゴ様を意識することが出来るようになるには、トレーニングが必要です。
でないと、

何かを言われて腹が立ったり、
誉められて調子に乗ったり、
あの人さえきちんとやってくれれば、と思ったり。
こういうものは反射的に出てくるものですから、やはり無意識なのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆選択肢は、2つだけ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ざっくり分けると、選択肢は2つしかありません。

無意識の声に耳を傾けるのか
はたまた魂の声を聞くのか。
どちらかです。

今までは無意識の声を聞いていたからこそ、今、テーマが突きつけられています。
あれやこれやがなぜかうまくいかないのです。

内なる声は、天の声と言ってもいいし、私たちの中の源泉からの声であると言ってもよいです。
どう呼んでもいいのですが、私たちを超えたところからやってくるもので
温かく、穏やかで、勝負など関係のないものです。
その声のままに動けば、誰かが誰かのために泣くことはなく
全員が穏やかな心持ちでいられる何かです。

内なる声を受け取った時には、迷いも保証もなく、それを受け取っていると思います。

その声を聞きとることができるようになると、自動的にレベルアップしていきます。
慣れて上手になればどんどん上に上がれます。

それができるようになるには、瞑想と呼吸法が不可欠なのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆瞑想は、すごい
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

多種多様なやり方がある瞑想。
まぁ、思考が今現在にあればよい、というものなので・・・。

エゴ様のような無意識は、後悔や思い出、将来の不安などが好きです。
でも、私たちは今、この瞬間を生きています。
意識が過去や未来にあれば、エネルギーは漏れてしまいますが、今にある時には、エネルギーは尽きることなく湧き出てきます。
そして減ることはありません。
だからこそ、「今」が大切なのです。
内なる声は、私たちの意識が今にある時にしか入ってこないのです。

瞑想は、あなたが「今」にいられるようになるトレーニング。

あなたのテーマが何であるとしても、瞑想は役に立つはずです。
原因不明の病気に苦しんでいたり、どこか調子が悪かったり
自分の性別が受け入れられずに摂食障害になっていたり。
自己評価がとことん低かったり、自分を傷つけることをやめられなかったり、
夫婦関係がうまくいかず、思いが通じなくなったり。
お金に行き詰まり、路頭に迷う危険な状態にあったり、
共依存に落ち込んでいたり。
親とトラブルばかりで不機嫌だったり、仕事が見つからなかったりしている人も

テーマに関係なく、瞑想は役に立つのです。

瞑想が得意な方、すでに行っている方は、ぜひ毎日少しずつでもいいのでやってください。
ぴったりの方法でかまいません。

そして私のように苦手なタイプのために
こんな方法を考えました。
ご参考になれば・・・。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆ながら瞑想
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ながら瞑想

まず、その場に立ちます。
その時、体重がどこに一番かかっていますか?

まず、つま先に体重をかけてみます。
その感覚を確認してから、次は土踏まずに、そして次はかかとにかけてみます。
そうして、一番具合の良い場所を探してください。

そしてその感覚をしっかり味わい、それからゆっくり歩きましょう。

足の裏に自分の体重がかかっているのをしっかり意識しながら
一歩一歩歩きます。

最初はとにかくゆっくりと。
足の裏のどの辺に体重がかかっていて
重心がどう動いていくのかを意識していきます。

足が地面に着くとき、どの部分が一番最初ですか。
足が離れるとき、最初に離れるのは?
最後に離れるのは?

時間と場所を決めてこの瞑想をやりましょう。
私は、マンションの階段を上がる時にやる事にしています。
マンションから駅の改札までの短い距離もやります。

ここを歩くときには必ずやる、と決めてしまうのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆電車の中でも足呼吸
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

もう1つ、私は電車の中で足呼吸をすると決めています。

これは座っていてもできますが、最初は立ってやりましょう。

立って、歩くときと同じように体重がどこにかかっているのかを調べます。
混んでいなければ、体重移動も行ってください。

足の裏から息を吸い込み、両足から丹田へと上がっていくイメージをします。
息を吐くときは、丹田から両足、そして足裏に出て行くイメージで。

たったこれだけです。
簡単ですから、やってみてください。

慣れたら中級編!
今度は足裏から出たエネルギーが大地を通り抜け、地球の核にたどり着くのをイメージします。
そして逆のルートで、体内に取り込みます。

さらに上の上級では、天と丹田を繋ぎます。
天の中心からエネルギーを吸い込み、そして中心に返します。

順番が大切で、まずは地球と丹田をつなぎます。
それかできるようなってから、天とつなぐようにしましょう。
そうすることで、天と地と自分がつながっているのが分かります。

これは別名「グランディング」です。

5本指の靴下が妙にほしくなりますよ(笑)
その方が、大地と繋がっている自分が実感しやすくなりますから。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆最後に
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

瞑想や呼吸法をしたからといって、
あなたの抱えているテーマが急展開をすることはありません。
急に素直な自分んあれたり、面倒なことがなくなったり
嫌な人の態度が変わったりなんてしません。
テーマはテーマとして、そのままそこにあります。

でも、それを乗り越える力はつくはずです。
無意識ではなく、心の声が聴けるようになると
自分とその周りの世界がレベルアップするので、同じところにいるはずなのに
全てが違って見える、という経験をするでしょう。

瞑想や呼吸法は、あなたの人生を驚くほどレベルアップさせてくれるものです。