敏感すぎる方も、鈍感な方も

スピリチュアルトレーニングの会

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はスピトレの会のご紹介をします。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
スピリチュアルトレーニング、始めよう☆彡
>>>>>>>>>>>>>>>>>>



今よりもっと直観力がアップしたり、
今よりもっと見えない世界に近づいたり、
今よりもっと役に立つ自分になれたらいいと思いませんか?


スピリチュアルトレーニングの会は、いつでも入会可能な形にしていますが、
今一緒にスタート出来たらいいな、と思います。

普段不思議な話やスピリチュアルな話をする相手がいない方も、
ここでなら大丈夫です。
怪しい話も大歓迎です。



実は全くスピリチュアルなエネルギーを感じていない、
という方は、ぜひここでトレーニングしてください。
やはりある程度の敏感さが開いてこないと、スピリチュアルな世界を探求するのは難しいです。
そして感覚が開いていくのは、本当にワクワクする楽しい体験ですよ。
スピリチュアルな世界、実感したいですよね。


感じすぎてつらい思いをしている方も、
トレーニングを通してバランスのとれた感覚を手に入れてください。
感じすぎる方は、ハートの傷が多くて深い事と、
チャクラバランスが崩れている事も原因の一つと考えられます。
それらは改善される可能性があります。




■ 編集後記 ■ >>>>>>>>>>>>>>>>>>

老人ホームの懇親会

今日は母が入っている老人ホームの懇親会で、顔を出してきました。
懇親会とともに、
90才と95才になる方たちのおめでとうの会もありました。

おじいちゃんおばあちゃんたちと、
その方達を支える職員の方たちのチームワークややりとりなどを見ていて、

幸せだなぁ~としみじみ思いました。
母はこういう人たちに守られているのだなぁ、と。



中では色々あるのだろうな、とは想像できるけれど、
でもみんな一生懸命です。
生き生きしています。


そうそう、6月18日の大阪の地震の時は、
何も被害はなかったのですが、

自分が被害にあったり怪我をしていたりする職員さんも含めて、
全員の関係者が集合したそうです。

交通機関が止まったので、かなり遠くから自転車をこいでやってきた方もいらしたそうです。


そんなお話も聞かせてもらい、感謝の気持ちがますます強くなりました。



まだまだ老人ホームを姥捨山と勘違いしている人も多いし、
施設に預けることに不要な罪悪感を感じている方も多いのが残念です。


できる人ができることをする。
世話になる時には気持ち良く世話になる。

そういう生き方もあるよな、と私は思います。



では。