暦あれこれ

暦あれこれ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。


連休はいかがでしたか?
秋はイベントの季節ですよね。

私は友人の個展が2つあって、両方見て来ました。
音楽関係の発表会もこの時期が多いですよね。

冬に入る前に、この一年の成果を確認するのでしょう。


先日、ファミリーヒーラーのコースの教材を作っていて、
ハロウィンについて調べました。

ハロウィンはケルト民族の収穫祭が発祥だそうです。
そしてケルトでは10月31日が大晦日で、秋の終わりだそうです。

11月1日から冬が始まり、次の一年が始まるのだとか。


冬はあまり外で活動するのに適した時期ではありませんから、
動植物も人間も、ちょっとした冬眠状態になります。

だからその前に、この一年の成果を確認するのでしょうね。


それぞれの文化、それぞれの民族によって暦には違いがあり、
それを調べるのも面白いです。

そして10月31日が大晦日で、
翌日から冬で新年って、なかなかいいアイデアだな、と思いました。
春夏秋冬の体のリズムに合っている気がします。

冬の季節に合わせて生活も体も変えるのだ、と考えやすいように思います。

今の日本の暦は、西暦になってしまって、
日本の気候や文化にマッチしていないです。

でも旧暦だけでは生活できないので、
私は月のカレンダーを愛用しています。

来年の分はもう手に入れました(=^・^=)



あ、そうそう、今日は新月です。
お月様は存在しているけれど、地球上からは見えない日。

今日から増えていくので、増やしたいものを始めるのにいい時期ですね。
貯金とか。
ダイエットなどは減らしていくものですから、満月から始めるといいという説もありますが、
根気よく少食の習慣などを積み重ねていく事を考えると、
新月から始めるのもアリです。


何かのアイデアや、将来の夢や希望、計画なども新月から取り組むといいですよ。
深く考えなくてはいけない事に向き合うのもいいです。
インプットの時期です。
しっかりと情報をインプットして、
自分の内側で熟成させていく。

アウトプットは満月に向けて、がいいです。

でもそんな風にこの時期にはこれがいい、などと言わなくても、
私たちは自然にそのように振舞っているものです。



こんな風に、古い文化の中に残っているスピリチュアルな考え方や、
スピリチュアルな風習などを自分流に確かめていくのも面白いです。

日本でも、この日には何をする、
その何日語には何をする、と決められているものがありました。
確か農作業などはそうですよね。
ちょっと知ったかぶりですが、24節気に合わせて田植えとかあれとかこれとか、
ほぼ決まっていたのではないでしょうか?

確か種まきは満月ではなく新月だったような、、、、



ご存知の方、教えてくださいませ。



そして、暦関係の話題になったついでですが、本の紹介です。


「天地明察」冲方丁

2010年の本屋大賞を受賞した作品だそうで、
調べたらDVDもあるようです。
映画にもなったのでしょうか?


とにかく、ちゃんとした暦を作る事に一生をかけた男性の話です。
あまりに熱中しすぎて、大好きな女性と結婚しそびれるのですが、
数年後にその女性を妻として迎える事も出来ました。

この本、超おすすめです。
本当に面白くて、私は読んでいて血が騒ぎました。



では。