お正月さんをお迎えする準備

お正月の準備は?

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。


クリスマスが過ぎればとにかく、お正月準備。
年末に向けて、本当になんとも慌ただしい日々ですね。
仕事をされている方は、あと数日で仕事納めでしょうか。

お正月休みは仮に1週間あったとしても、
1週間休んだ、という実感がない、と思いませんか?
なんだか妙に早く過ぎてしまうのですよね。

お正月の正しい過ごし方(=^・^=)のお作法が廃れつつあり、
晴れ着姿も減ってしまって寂しいですが、
それでもそれぞれの家庭の「お正月の過ごし方」があると思います。

そういうもの、大切にしたいですね。


そして、そういうものを大切にしようとすると、
年末はものすごく忙しくなりますよね。

おせち料理の準備をしたり、
年越しそばの準備をしたり、
お年玉の準備をしたり、

とにかく、「準備の日々」ですね。


例えばドイツではシュトーレンという甘い菓子パンを焼き、
クリスマスを待つ4週間のアドヴェントの間に、
薄く薄くスライスして少しづつ食べるのだとか。

日本ではイベントの前に食べてしまうものはないけれど、
イベントの準備を1ヶ月前からしていくというところが、
黒豆や棒鱈作りの気持ちと少し似ているかな、と思います。


今ではどこでも「予約おせち」の販売がありますが、
これだけは自分で作る、というものがあってもいいな、と私は思います。
そういうこだわりが、その「家庭」を作っていくのですよね。




2019年を本当によい一年にしましょう。