「マチネの終わりに」の二人にもお札を

「マチネの終わりに」

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。


先日「マチネの終わりに」を読みました。
今年の秋に、映画も公開されるのだそうですね。

本当に素敵な、美しい大人の恋愛小説でした。
ちょっと泣けます。


それで今日私がテーマにしたいのは、
傷とそれを支える人のことです。


天才クラシックギタリストの蒔野聡史は、
大きなスランプに入り、その事で苦しんでいます。

海外通信社勤務の小峰洋子は、紙一重でテロから逃れたものの、
そのPTSDで苦しんでいます。


それぞれの苦しみを支え、癒されていくサポートをしたのは、
お互いではなかったのです。

洋子には元々の婚約者がいて、ある出来事から聡史と別れて婚約者と結婚し、
夫の献身的な支えで癒されていきます。

聡史はマネージャーだった女性と結婚し、
辛く苦しいスランプ時代を支えられます。


そして二人ともそれらの傷を乗り越え、成長した段階で再開するのです。

ここが面白いな、と思いました。




運命の人としか思えない二人なのに、
たった3回の出会いだけで、結婚を決意した二人なのに、
離れ離れにならざるを得なかった。
(このあたり、泣けます)


一番愛する人のそばにいて、その人を支えて、自分も支えられて癒されていくのではなく、
お互いに違う人に支えられて癒されて、また再開する。

どちらか一人の苦悩なら、もう一人が支えられたかもしれないけれど、
二人ともどん底では、お互いを支えられないのでしょうね。
だから、運命の人ではない人も必要だった。。。。。



もう1つ考えたのは、、、、
フェアリーブルーでヒーリングを申し込んでもらったら、
こんなに痛い思いをしなくても癒されたのに、、、、、
でした☆彡

芸術家のスランプもヒーリングでの方法はあると思いますが、
PTSDやフラッシュバックはお任せください。
非常に簡単に素早く癒されます。


いえいえ、今日はヒーリングの宣伝ではなくて、、、、

お札です(=^・^=)



私たちの人生、苦しみが全くない、なんていう事はありません。
トラブルも困りごとも、迷いもない一生なんて、存在しません。

そうなったとしたら、人間を卒業してもいいという事ですから、
速やかにあの世に旅立つかもしれませんね。

とにかく、私たちの人生には課題がたくさん出てきます。
課題は無くならないけれど、
よりよい形で課題に取り組んで超えていくための、
強力なサポーターがこれです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2019年のミカエルのお札
>>>>>>>>>>>>>>>>>>


「マチネの後で」の二人のために、
お札を作りたくなった私でした。


では。