続「マチネの終わりに」・母性と癒し

続「マチネの終わりに」

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

先日、「マチネの終わりに」のお話を書いたら、
続きが出てきました。

アウトプットは本当に大切です。
アウトプットすると、何かが動き出すのです。



よくあるお話ですが、
例えばある男性が起業したりしてとても大変などん底な時期を、
ある女性が支えてくれていた。
その女性と結婚し、共に支えあいながら頑張ってきた。

仕事が軌道に乗り始めたら、その男性が外に女性を作り、
苦労を共にした女性と離婚して、新たな女性と家庭を作る。


なぜかこういう系の事、よくありますよね。
「苦しい時期を支えた女性を捨ててしまうなんて、、、、、」と思われて、
新たな世界に踏み出した男性が悪者にされる事が多いようです。



「マチネの終わりに」も、ある意味そういうお話です。

洋子さんの場合は夫の浮気で離婚を迫られたわけですが、
夫は心のどこかで分かっていたのでしょう。
自分の役割は終了したのだ、と。
もっと暖かいふれあいのある、自分にも気を使ってくれる女性と家庭を作りたいと思ったのです。

これはどちらが先にそれに気づいて、
どちらが先にそれを言い出すか、というだけのことだと思います。


聡史は元マネージャーと結婚して献身的な支えを受け取っていました。
彼女は自分のひどい仕打ちを隠し通すことができずに、聡史に話してしまいます。
それは聡史が十分に癒されたからこそ、言えた事でしょう。

この小説の中では語られていませんが、夫婦を続けていくのは難しいと想像できます。



深い傷を負った人が癒されていく時、その人のサポーター的な仕事を引き受けた人との別れがあるのか。
もちろん、全ての人にそのような別れが来るわけではないけれど、
そういう事、しばしばありますよね。


先日メルマガを出した後に考えていたら、
答えが降りてきました。



傷ついた人をサポートする時、サポーターに必要なのは「母性」です。
全てを受容し、傷を癒していくためには、強い母性が必要です。

傷ついたという事は、心理的な退行が起きて、ある部分で幼児返りしているので、
母性がマッチするのです。


その傷が癒されると、心理的な退行が必要なくなり、その人は文字通り成長します。
癒されて戻ってきて成長していると、パートナーの母性的な対応は不要になる。
うざくなったりする。

人は母親から卒業して自立していくものだからです。




マチネの終わりにの二人にも、それが起きたのではないかな。
だから洋子は夫から離婚を迫られたのでしょう。
だから聡史は妻から、一生涯聞きたくなかった真実を聞かされたのでしょう。

そういう形で、もう深くて強い母性が必要な時期の終わりが来たのだと思います。



私たちヒーラーの役割は、ここにあるのだと思います。
ヒーラーは赤の他人ですから、その人に必要な時期に必要な母性を十分にお届けして、
その人が癒された時にはさっさと去っていく。


癒された人は、パートナーがいればパートナーとの人生を、
次のステージに上がって続けていくのでしょう。




■ 編集後記 ■ >>>>>>>>>>>>>>>>>>

クラシックBGM

「マチネのり終わりに」を読んだので、
仕事のBGMがバッハになりました。

バッハはいいです~

そして合間にクラシック音楽のギター演奏。

ギターはいいです~



染まりやすい私です。




では。