ネガティブをかぶってしまうのは何故?

プロテクション

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

先日、大好きな友人が不調になり、
見せていただくと、ネガティブをかぶっていました。
それは簡単に離れてくれたので良かったのですが、
実はこういう事はよくあるのです。

それで、今日はネガティブなエネルギー体、想念についてちょっとお話しします。




私たちの感情も思考も、質量を持ったある種のリアルな物体のようです。
実際に想念として実在している、という意味です。
ネガティブな物の方がわかりやすいのでそれを例にします。


誰かがネガティブな事を考えます。
ものすごく考えます。
誰かに対する怒り、恨み、嫉妬、妬み、軽蔑、憎しみ、、、、、
そういったネガティブな感情に凝り固まって、
その事を思い出しては繰り返し繰り返し考えていると、
そのネガティブな感情がどんどん蓄積していきます。

ネガティブな感情にはネガティブな思考も連動していて、
冷静になれば「そりゃ考えすぎでしょ」とか、
「あわわわ、、ものすごい妄想ですね」と思えるような事を、
真実であるかのように、念入りに考えてしまう。
そういうネガティブな循環を作ってしまう。


そのようなネガティブな感情とネガティブな思考は、
どんどん強くなり重くなりリアルになり、
大抵の人にすぐにわかるほどの、ある種の雰囲気というか、、、、
そういう状態になります。


そういうネガティブの塊は、
自分の身体にがっつりと沈着して、痛みや病気の元になっていく場合もあります。
心身の不調の原因の多くの原因は、これです。

身体に沈着しなかったものは、想念として空間上に浮いています。


そういう「浮いている想念」に捕まってしまう事があるのです。
それをよく「かぶる」と言います。
かぶってしまうと、多くの場合はどーんと気分が落ち込みます。
ネガティブな感情や思考がぐるぐる回り出します。
身体の違和感や痛みとして感じる方もあるでしょう。
かぶった想念の影響を受けるからです。


なぜかぶるのかと言うと、
似た波動を自分も出しているからです。


例えば「怒り」の想念体が空間上に浮いていたとします。
ものすごく明るくてハッピーな波動を発散している人は、
波動が合わないので、そばを通過してもほとんど影響を受けないでしょう。
おそらく、そのような「怒り」の想念体がある場所は、
無意識に回避するだろうと思います。

自分自身が何かの理由で「怒り」を感じているとします。
そしてたまたまその「怒りの想念体」のある場所を通ってしまうと、、、、
波動が合うのでそれがくっついてきてしまうのです。
もともとあった怒りに、拾ってしまった怒りが加わって、
さらにさらに怒りが増大してしまう。。。。

と言う風になります。


特にキッカケとなるような事はなかったのに、
急に気分が落ち込んで、、、、、


というような時は、もしかしたらそういう想念体を
拾ってしまったのかもしれません。


そこまで重たい想念体でなくても、
空間上には様々な思念や感情がただよっています。
あまり害のない、よくある普通のものですが、
そういうものにも私たちはちょこちょこかぶったり、
影響を受けたりしているものと思われます。



あまり嬉しくないですよね、こういうのは。
こういう体験を完璧に避けることはほぼ不可能です。
かなり難しいです。
そしてそんな事に神経質になっても仕方がないです。
悟りを開くまではネガティブをかぶることもゼロにはなりません。
内側のネガティブは、そう簡単には消えてくれないのです(;>_<;)


だから、一番いいのは自分の波動を上げる事。
ネガティブな感情や思考をヒーリングして消滅させることです。
自分自身ににた傾向が全くないなら、それはかぶってくる事はできません。
これが根本的な解決方法です。


だからこそ日々浄化をして、自分のネガティブも、
自分のものではないネガティブも、浄化用ソルトで流してしまいましょう。
軽いものは浅いうちにさっさと流してしまうのです。
強烈なものに取り憑かれてしまった時には、
プロテクションを申し込んでください。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ネガティブなものの強力な浄化と守護・プロテクション
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
齋藤えりのプロテクション
>>>>>>>>>>>>>>>>>>


ネガティブを引き寄せやすい人は、
自分の内側にもネガティブを抱えているわけですから、
根本的な解決方法であるヒーリングを受けるのがいいです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>
田原ひろみのソウルヒーリング
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関めぐみのライトヒーリング
>>>>>>>>>>>>>>>>>>



もともと魂は明るくて軽い、陽気なエネルギーです。
そういうエネルギーが大好きです。
そこに戻っていきたいですね。


では。