植物の王国 by女神ダヌ

女神ダヌリンク

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

4月も半ばになりました。
春らしい日曜日、楽しい時間をすごされたでしょうか?


私は特に変わりのない普通の1日でした。
ただ、最近「花」に魅了されていまして、
今日もお花を買ってきました。


花って、本当に美しいですよね。
好きな色の好きなお花を見つめていると、
幸せなため息が出てきます。
お花には美の妖精が住んでいるのだ、と思います。
そうとしか私には思えません。

花屋さんで買えるお花は、
人工的に操作されたものばかりでしょう。
より美しく、より強く、より長持ちするように、
種が後輩されたり、遺伝子操作されたりしているのでしょうね。

でも、自然界から離れてしまっているとしても、
美しいんですよね。
もう本当に美しくて、今日も見とれていました。

あ、そうそう、お花のことに関して神様にお聞きしてみますね。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>

植物の王国    by女神ダヌ

人間たちが人間の王国・社会を作っているように、
植物には植物の王国があり、
鉱物には鉱物の王国、
動物には動物の王国があります。

植物の王国は、人間の王国と重なり合って存在しています。
そして植物はその種類ごとの魂があります。
あなたたち人間のような「個」として存在しているのではなく、
バラの種族として1つの魂があり、
菊の種族として1つの魂があり、
というように、類魂の形になっています。


花の美しさは、もともとは人間のためにあったのではありませんが、
多くの花たちは人間に愛される事に、喜びを感じています。
自分たちの存在、自分たちの美しさに共鳴できる人に、
特別な親しみを持ちます。

花の妖精は、花とともに生きています。
花の妖精は、花の魂と近い存在です。
物質的な身体を持たない花が、花の妖精です。

あなたが花の美しさに共鳴するなら、
花はあなたのために咲こうとします。
花のエネルギーをあなたに与えるでしょう。


それは花でなくても植物であれば同じです。
薬草はあなたに薬効を教えてくれるでしょう。
その薬効をあなたにプレゼントしてくれるでしょう。

薬草は、それを扱う心のない人には薬草としての働きをしません。
あなたがその植物の薬効に気づくのと、
薬草があなたに薬効をプレゼントするのは、同時なのです。
あなたと薬草が共鳴し合い、薬効が掘り起こされるのです。
それらは物理的に最初から存在するのではありません。


植物たちは、人間と出会い、人間の王国の中で仕事を与えられることを、
多くの場合はとても喜びます。

それぞれの植物が、それぞれの得意分野を持っています。
得意分野は非常に多岐にわたり、まだ人間が発見していない才能が、
多くの植物の中で眠っています。

それらは、見出される時を待っています。



あなたが花の美しさに共鳴するなら、
植物たちの不思議さ、美しさに共鳴するなら、
そのような時間をたくさんつくり、
植物たちに話しかけてごらんなさい。

あなたが植物たちに気に入ってもらえれば、
植物の王国に招待してくれるでしょう。

植物たちの持つ繊細なエネルギーの世界に、
あなたを招き入れてくれるでしょう。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>


そういえば、私は魔女の先生として薬草の使い方を教えていた過去世があるのです。
その時の名残を感じる事があります。
花にこんなに惹かれるのも、
薬草たちとの付き合いを無意識に思い出しているのかもしれません。

この記事を読んでいる方の中にも、
魔女だった過去世を持つ方や、
植物と特別なつながりを持っている方が、
たくさんいらっしゃると思います。


そんなあなたには、女神ダヌリンクはオススメです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ケルトの創造神、妖精の女王、女神ダヌ
>>>>>>>>>>>>>>>>>>


植物たちとのよい繋がりが持てますように。


では。