「ネガティブな物語を書き換える」

聖地巡礼の旅in HAWAII

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
聖地巡礼の旅in HAWAII「ネガティブな物語を書き換える」
>>>>>>>>>>>>>>>>>>
HAWAIIで女神ペレリンク・チャネリング付き
>>>>>>>>>>>>>>>>>>




今回、ハワイ在住のヒーラー「レイア高橋」さんの本で、
ハワイの聖地のことをたくさん学びました。

そこからの情報を少しお伝えします。


「マナ」とは、生命エナジー、超自然的なパワー、神聖な波動、
「ブラーナ」「気」のことだ、というお話は以前しましたね。


ハワイアンは森羅万象すべての自然の中に、
神やスピリットが存在すると考えてきました。

今自分がここに存在するのは、先祖代々のおかげだと考え、
先祖の霊を大切にしています。

この辺りは日本人と同じですね。

大自然に触れること、大自然と意識をつなげ、
そこに感謝と祈りを捧げることで、
大自然からマナを受け取り、その聖なるマナを生活の中心にしています。

そのマナの集まる場所がパワースポットであり、「聖地」です。


聖地には2種類あるそうです。

1つ目は、大自然そのものの自然のエナジースポットで、
火山やクレーター、浜辺などです。
有名なダイヤモンドヘッド、ココヘッド、ハナウマ湾、などが代表です。

2つ目は、タイ自然のパワースポットに人の手が加えられた場所です。
古代ハワイアンはマナのあふれる場所に「ポーハク」と呼ばれる、
マナの宿る石を積み上げて「ヘイアウ」を作りました。
儀式や祭事が行われていた聖域です。


自然界のエナジースポットに建物や神殿を立てるのは、
世界中で行われていますよね。
日本の神社も非常によい場に作られていますし、

エジプトのピラミッド、マヤのピラミッド、
イギリスのストーンヘンジ、ギリシャの神殿、
カンボジアのアンコールワットなど、数え切れません。


この、ハワイの聖地ヘイアウですが、
キリスト教が入ってきてカプ制度という禁止事項が崩壊し、
多くのヘイアウが破壊されてしまったそうです。

とても悲しいことですが、
それでもなお、ハワイにはたくさんのヘイアウがありますし、
ハワイ全体がヘイアウだと思います。


今回、ヒーリングに申し込まれた方には、
大自然のエナジースポットやヘイアウから、エネルギーをお届けする予定です。


明るくて、素直で、情熱的で、素朴なエネルギーをお届けしますね。


では。