ハワイ紀行文5、ドラゴンティース、歯磨きは風がする?

こんにちは、 フェアリーブルーの福本いずみです。


昨日は、
「ホノルアの聖なる森でニワトリとミーティング」でした。



今日は「ドラゴンティース、歯磨きは風がする?」です。


昨日の「ホノルアの聖なる森」も、今日の「ドラゴンティース」も、
聖地だらけのハワイでは、マイナーな存在です。
さほど有名ではないらしく、相当詳しい案内本にもあまり解説がありません。

それでも、行けば必ず人がいるのです。
みんな、どうやってこういう場所を探しているのでしょうね。

ドラゴンティース


というわけで、エディさんの案内でドラゴンティースにやってきました。

海からの強風に岩塩が吹き上げられて固まり、長い間に海の潮にさらされて白く変色したものらしいです。
風で削られた海岸べりの岩が、ドラゴンの歯に見える、というのが名前の由来でしょう。

ハワイの海は、どこに行ってもただただ驚きなのですが、
この浄化力はすごいです。

ドラゴンの歯の間で強風に煽られているだけで、私たちはどんどん浄化されていきました。
ドラゴンの歯の歯石も、この強風で浄化されるでしょう。


そしていわゆる歯の外側は直に海ではなく、少し歩ける岩場になっていて、
えーと、下唇の上という感じの場所をぐるりと歩いて行きました。
ここも妙に気持ちがいい場所です。

ドラゴンティース


途中に何とも言えないユニークな形の岩が沢山あります。
下の写真は、ドラゴンの横顔に見えませんか?

ドラゴンティース


下の写真は、ドラゴンの鱗です。鱗に見えますよね。

私たちは眠れるドラゴンを起こしてしまわないように、ドラゴンの唇から口の中に当たる場所を歩いて行きました。

ドラゴンティース
ドラゴンティース

ミステリーサークル


しばらく歩くと、平らに拓けた場所に出ます。
そこにはイギリスのミステリーサークル風のものが作られています。
何年か前にイギリスかどこかの方達が作られたものだそうです。
詳しい事は忘れました。

この迷路のようなところをぐるぐると歩いて行くと、中央に行き着くまでに浄化され癒されるのだとか。
私たち一行の誰も、なぜかここに入ろうとはしませんでした。
なんというか、、、良き思いを持って作られた場所ですから、もちろんとてもいいのですが、、、

圧倒的な海からの風とドラゴンティースのバワーだけで十分に満足してしまいました。

ミステリーサークル
ミステリーサークル


海のバワーはすごいです。
そしてハワイの海は、桁外れにすごいです。
海水に身体を浸すのが一番いいとは思いますが、

海辺で風に吹かれているだけで、心の深い部分でじわじわと何かが終わって行く。
じわじわと何かが始まって行く。
繊細で優しいエネルギーに寄り添ってもらい、自然な流れに乗せてもらい、
深い繋がりができて行く。

何もせず岩場に1日立っていられる、海をただ1日眺めていられる、と思います。

ハワイの海のバワー


次は
ラハイナの史跡と聖地ハレマヒナ・「月の家」で我に返る

です。


では。