ハワイ紀行文10・最終回、小ネタ集

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。



前回までで足を運んだパワースポットの報告は終わりです。
今日はそのお話しに漏れた小ネタ集をお届けします。

小ネタ集ですから、期待しないで読んでくださいね。

実のなる木がある幸せ


実のなる木がある幸せ

上の写真は、マウイ島で止まっていたホテルに生えていたアボガドの木です。
このホテルだけではなく、あちこちでアボガドの木を見つけました。
コーヒーの木も生えていました。

庭にアボガドがあるって、ちょっといいですよね(*^_^*)すごくいいですよね(*^_^*)
しかもこんなにたくさん実っている。

今回は時間がなくてパイナップル園やマンゴー畑には行けなかったのが残念です。

バスで自転車を運ぶ


バスで自転車を運ぶ

この写真は、マウイ島についてバスの乗り換えステーションのような場所で写した写真です。
バスの前に何か金具のようなものがついていて、何かな〜と思っていたら、
自転車に乗ってきた男性が、その金具を前方に開くようにおろして、上に自転車を積みました。

へえへえへえへえへえ〜〜*\(^o^)/*
でした。

その後もう一人来て、2台分の場所は埋まり、さらにもう一人後から来た男性は自転車が乗せられないので、
次のバスに乗ることにしたようでした。

マウイ島の空港からホテルに行く時にバスに乗ろうとしたら、トランクを持った人は乗せてくれませんでした。
トランクを持った観光客を乗せていたら、普通にバスに乗りたい人が乗れなくなるのでしょうね。
そして空港はタクシーやUberが稼げる場所でもあるので、住み分けをしているのかなと思いました。

動物用の救急車??


動物用の救急車??

マウイ島の救急車です。
車の後ろに、杖に巻きついた蛇が描かれていますね。
これは医療のシンボルです。
そして多分獣医医療のシンボルです。

だとしたら、、、動物用の救急車、ということでしょうか??????

ハワイでは、動物用の救急車が必要なほどたくさんペットを飼っている?
あるいは農場などの家畜用??

しかもこの救急車、新しくて綺麗ですよね。この女性もかっこいいです。


もう1つ側に車があり、そちらにはいわゆる「カドゥケウスの杖」あるいは「ヘルメスの杖」と呼ばれるの絵が描かれていました。
その写真が撮れなくて残念です。

「カドゥケウスの杖」あるいは「ヘルメスの杖」は、ムーライトペンダントのデザインにちょっと似ていますよね。
よくお問い合わせをいただきますが、製作者の山口所長によると「違う」のだそうです(*^_^*)

バス停


ハワイのバス停

マウイ島のホテルから近くのスーパーまで、30分ほど歩きました。
歩いていると2カ所にバス停がありました。

バス停は緑色の鉄で作られた屋根付きの、最近の日本によくある感じに似ていました。
毎日30分スーパーまで歩くのは大変だし、バスに乗りたいね、という話になり、
ホテルのフロントで一番近くのバス停の場所を聞くと、
ホテルからスーパーとは反対側に歩いてすぐだとか。

でも。
私たちはホテルから出てきた道で左右をよーく見たのです。
もしかしたら私たちが行きたい方向と反対側にバス停がある可能性を考えて、よーく観察したのです。

バス停らしき緑のものは見えませんでした。
その道は500mほどなだらかにカーブした後、もっと大きくカーブしていてその先は見えませんでした。
という事は、あのカーブの向こう側かな?
それならスーパーマーケット方向にあったバス停の方が近いやんか、、、、

私たちは疑問符をたくさん頭の上に乗せたまま、
翌日は「ホテルより左側すぐにある」というフロントの女性の言葉を検証するために左側に歩きました。

すると、あったのです。

小さな緑色のベンチと立て札のようなバスストップ。
大きな屋根付きの緑色の箱のようなものをずっと想像していたので、「なーんだ〜〜」と一気に力が抜けた私たちでした。

写真に写っている人たちは、観光客なのか地元の人なのか分かりませんが、家族風のメンバーでゴミ拾いをしていました。
道端のゴミを拾って大きなビニール袋に入れて、歩いていました。
こうやって島の美しさは保たれるのですね。

巨大フルーツに遭遇


巨大フルーツに遭遇

マウイ島でホテルに行く途中のショッピングセンター内に、小さなお店がたくさん出ていました。
フルーツを売るお店も数件あり、
この左端の巨大フルーツにびっくり。

後に行った巨大スーパーマーケットでもこの不思議フルーツを売っていました。
小さな冒険をして買ってみたい、私たちの人数なら食べられる、と思うものの、持ち帰るのが重たくて無理。
という理由で断念。
どんな味だったんでしょうね。。。
ポビュラーな食べ物ではない、という事は、あまり美味しくなかったのではないか、と思います。
酸っぱいブドウの理論ですが。


その右側はココナツだと思います。その右のバナナはまだ青くて固そうですね。
そういえば、ハワイのフルーツはあまり熟していないさっぱり味の段階で食べるのが主流なのかもしれません。

日本のフルーツは品種改良を重ねて、目を閉じて食べると砂糖水と区別がつかないようなものが増えてきました。
完熟のまったり甘いものが最近の主流ですが、
ハワイで出されたフルーツは、さっぱり味でフルーツというよりもサラダの感覚のものが多かったです。

下の写真は、手作りのパン屋さんで盛り上がっているメンバーです。
二人とも英語が比較的わかるので、何やら会話して楽しんでいる様子。
もうすっかりマウイの人、という風情です。来たばっかりなのに。

手作りのパン屋さん

エディさんご用達のカフェ


エディさんご用達のカフェ

マウイ島での私たちのガイドのエディさんの、ご用達のカフェです。
ハワイはコナコーヒーというものが有名で、世界三大コーヒーの1つなのだとか。

私はコーヒーは飲めないのですが、コーヒー通の友人のために豆を買おうと思っていました。
すると、コナコーヒーよりもずっと美味しい豆がこの店にあるという話。


それで購入したのが下の豆です。
自分用に購入したメンバーに後で聞いたら、本当に美味しかったそうです。
泡が赤っぽいとか、普通のコーヒーとはなんだか違うとかいう感想を聞きました。

美味しいコーヒー豆


この店で友人がトイレを借りると、下の写真のスプーンが手渡されました。
トイレにスプーンを持っていくの?????

と思ったら、なんとこれはトイレのキーのキーホルダーだとか。

トイレのキーのキーホルダー

こういう日常的で大きなものをキーホルダーにするらしくて、
ハレアカラ行きのバスツアーの運転手さんは、小型のホウキにキーをつけていました。

こういうものにつけておくと盗まれにくいのだとか。
確かに目立ちますよね。

マウイ島でのご飯


マウイ島でのご飯

マウイ島では食事はスーバーで食材を購入してみんなで分けて食べる方式でした。
大きなベランダにはテーブルと椅子があり、いつもたくさんの鳥たちが遊びに来ていました。
真っ青な空、南国の植木、遊びに来てさえずる鳥たち。
そんな場所で食べるご飯は格別です。

私たちが気に入ったのは、すでに洗ってあるサラダ用の葉っぱ類の大容量のものを買い、
それに写真のものはズッキーニとりんごスライス、ナッツが入っています。

この写真の時は「青い扉」という名前のパン屋さんのずっしりと重いパンと、
チーズ、ハム、アボガド、いちご、などを合わせて、オープンサンドにして食べました。

翌日は大きなトルティーヤが10枚入ったものを買って、
サラダやハム、チーズなどを巻き巻きして食べました。

美味しかったですよ〜

ウミガメとの遭遇


ウミガメとの遭遇

上の写真の真ん中にウミガメが写っているのが分かるでしょうか?
エディさんに「ウミガメに会いたい」とメンバーの一人が言うと、
「いますよ、会えますよ」とのことで、さっそく連れて行ってくれました。

どの辺りの浜だったか分かりませんが、ビーチではなく岩場でした。
そこから海を覗くと、あちらにもこちらにも、そちらにも向こうにも、ウミガメウミガメウミガメ。
しかもかなり大きいです。


ハワイの海は藻や海藻がほとんどないので匂いがほとんどしないのですが、
ウミガメたちは何を食べているのでしょうね。。

という事で検索してみたら、藻や海藻を食べている種類もいるし、クラゲや貝、ヤドカリなどを食べている種類もあるのだとか。

オアフ島でマーケットに行く


オアフ島のマーケット

このマーケットは、ダイヤモンドヘッドの入り口にある広場で、火曜日と土曜日の午前中に開かれているものです。
私たちは土曜日の午前中にダイヤモンドヘッドだったので、
このマーケットは本当に楽しみにしていました。


オアフ島のマーケット

早起きして山登りをしてきた私たちは腹ぺこです。
私たちは野菜たっぷりの生春巻きを買って食べました。
なかなかのボリュームで、私はたっぷり野菜が食べられたので、ちょっと気分が良くなりました。


オアフ島のマーケット

これはメイソンジャーに入れてもらったジュースです。
氷抜きを頼んだら、氷のない分サトウキビのジュースが追加されて、しかもあまり冷たくないので甘くて甘くて。
しかもすごい量です。
ちょっと失敗でした。


クレープ屋さん

上の写真はクレープ屋さんですが、
この中身の量を見てください。
クレープって私たちの感覚では、具を少し乗せて巻き巻きしてあるのですが、
ここのはクレープの上に具がドーーーーンと乗っかって、巻けないので半分に折ってあります。

これ、すごい量ですよね。ものすごいです。

ハワイは食べ物はなかなか美味しいのですが、物価が高いです。
1食を1000円以内で済ませるのは難しいです。
これで物価が安かったらなぁ、、、

変なおじさんに癒される


変なおじさんに癒される

これはオアフ島で一緒のバスに乗り合わせた人を、こっそり写したものです。

素晴らしく個性的ですよね。
この方がバスから降りるのを見たら、服装も髪型にマッチしていて、すごく個性的でした。

こんな風に自由に、好きなように自分を表現していいのだな、すごいなー
と私は思いました。

比較的私は好きな服装をしている方です。
山登りにロングスカート履いていくし、数年前までは家の中だけですが常にサリーを着ていました。

でも、このおじさんには負けます。

私は自分の好きなように生きているように思っていたけれど、私にも「枠」があり、しかもそれは自分で思っているよりも「小さな枠」で、その中でウロウロしているだけなのだな、、、と気づきました。


自分を小さな枠に閉じ込めているのは、自分自身。
私は自分が思っているよりも小さな世界でしか自分を表現していない。

このおじさんがそれを教えてくれました。


という事で、些細な事でつまらない事を考え始めたら、この写真を見て癒されようと思います。

あ、でもこのおじさんのファッションを真似したりしませんから、大丈夫です(*^_^*)

飛行機の朝ごはんのビーガン食


飛行機のビーガン食

国際線に乗っていると、ご飯が出てきますよね。
こちらは朝食メニューです。

私は全てビーガン食をお願いしていたので、特別に持ってきてくれました。

この可愛らしい小さなバッグは、普通食も同じです。
ただ、中身のサンドイッチの具が違う。
りんごの代わりにゼリーかヨーグルトか何かが入っていたようです。

このサンドイッチの中身は、よくわからなかったのですが、、、、
ナスとかズッキーニとかに火を通したものが挟んであり、それが意外に美味しかったです。

それと、この小さな紙バックに入って配られるというスタイルが可愛くて、ちょっと気に入りました。



ハワイは日本人に大人気の場所ですし、リピーターが多いのも頷けます。
本当にここちいい場所でした。

今度はフェアリーブルーで参加者を募って、もっと多くの人と一緒にハワイでリトリートをしたいです。
エディさんがステキな施設を作ったので、きっとそこに行くと思います。

その時にはあなたも一緒に行きませんか?

では。