「人は幸せになるために生まれてくる」わけではない

浄化と成長

こんにちは、 フェアリーブルーの福本いずみです。


今日は、「人は幸せになるために生まれてくる」わけではない、
というお話をします。



最初に書いておきますが、
「人は不幸になるために生まれてくる」わけでもありません。

ここは大切な部分ですから、間違えないでくださいね。
不幸な人生でいいはずがないのです。
それは間違い無いのですが、


だからと言って、私たちの本当の主人である「魂」が
私たちをこの世に送り出してくる目的は「幸せ」ではありません。




魂の目的は「浄化と成長」です。

その目的のために、生まれる前にチーム私とのミーティングを行い、
どのようなカルマに取り組むのかを決め、
そのカルマに取り組むための配役やイベントを決め、
両親や環境を選び、その他の様々な取り決めをして、
それに必要な肉体を作り、その肉体に降下してきます。


そしてカルマに取り組み、
カルマを返して成長するためには絶対に浄化が必要なのです。

浄化とは、肉体的な浄化もあり、感情的な浄化もあり、思考的な浄化もあります。
カルマはそれらの浄化により解消されます。

簡単に言ってしまうと、そういう仕組みになっています。



私たちが「私」だと思っているのは、
過去の記憶から作られた「私はこういう人間だ」という「物語」です。
それは「作り物」であり、変更可能です。

浄化されたり癒されたりすると、自分自身が変化しますよね。
考え方や感じ方が変わったり、
今まで許せなかった事が許せるようになったりしますよね。

それは「私はこういう人間だ」という「物語」の一部分が書き換えられて、
カルマが解消されたからです。


そういう事が起きた時に、魂は成長しています。




多くのカルマは苦しみとして現れます。
なぜかというと、苦しみがないと誰も真剣にそれに取り組まないからです。
そのテーマ、そのカルマに真剣に取り組んで乗り越えるために、
そのテーマには苦しみがあります。


浄化や癒しがうまく行って余分な感情を手放し、
物語が書き換えられて、より自由な「私」という物語を手に入れると、
結果としてその人は以前よりも幸せになります。


だから、結果として私たちは成長すると幸せになるのですが、
それは結果であり、おまけであり、プレゼントです。

それは決して「生まれてきた目的」ではないのです。



でも、より「快」を感じられる選択肢を選ぶことで、
苦しみを乗り越えて成長し、カルマを返す事ができる場合が多いのも事実です。
「快」の選択をするのですから、幸せを感じられるようになるでしょう。

私たちは幸せになるために生まれてくる訳では無いけれど、
自分が不幸になる選択ばかりして身の安全を図ってきたような方は、
「快」の選択をする事こそが課題になりますから、

そういう方にとっては、幸せになっていいのだ、と自分自身に許しを与える事が難しいし、
その許しこそが、大きな成長と浄化となるのです。


逆に、苦しみを受け入れて十分にそれを味わう事で、
カルマを返すことができる場合もあります。
でもそれをやりきると、やはり「快」を感じますし、
結果として幸せを感じられるでしょう。

この場合に大切なのは「その苦しみを許して受け入れる」ことです。
我慢しているとしたら、許していませんから、楽にはなりません。

この辺りのことも、また詳しく書きますね。



というわけで、魂の目的は、浄化・ヒーリングされて成長することです。
そのためにも、浄化生活をスタートさせてくださいね。



では。