神器である鏡を使う Byアマテラス様

神器である鏡を使う

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は10月最初のメッセージをお届けします。


いつもは単に「どなたかメッセージください」とお願いしています。
それで何気なくここ数ヶ月の記録をみてみると、

圧倒的に、とくにここ数ヶ月は日本の神様が多くて、ちょっと驚きました。
全く気づいていなかったのです。


ただ、、、、、気づいてみると、、、、、
そういう流れが来ているのを実は感じています。

そして今日も日本の神様、アマテラス様です。




>>>>>>>>>>>>>>>>>>

神器である鏡を使う    Byアマテラス様



人間は、自分の姿を直接見ることが出来ないので、
鏡を使いますね。

鏡はとても神聖なもので、三種の神器でもあります。
普段、鏡を見ることで、あなたは自分自身の外見を観察できます。
神器である鏡は、あなたの内面を見るためのものです。
その鏡は、あなたの内側に存在しています。


神器である鏡は、見るべきものをあなたの外側に見せてくれます。
あなたの周りに現れる人たちは全て、
あなたの分身です。
あなた自身の一部です。

嫌いな人も、好きな人も、
嫌われている人も、好かれている人も、
利を運んでくれる人も、害なす人も、
表面的な人も、深い人も、

関心の持てない人も、興味深い人も、
憧れる人も、反面教師になってくれる人も、
助けてくれる人も、助けてあげた人も、
にこやかな人も、無愛想な人も、

信頼できる人も、信頼できない人も、
明るい人も、暗い人も、

あなたの周りに現れる人は全て、あなたの一部です。
あなたという鏡に映る姿です。

そして自分自身を受け入れるのですよ。
どんな自分であっても、拒否せずに、嫌わずに、ありのままでいいのです。
外側に移された自分の姿を、
そのまま受け入れるのですよ。



鏡は、自ら光ることはできませんが、
あなたの放つ光を反射して見せてくれます。
あなたのありのままを映し出して、見せてくれます。

それはとても貴重なことです。
自分自身を知り、それを受け入れて、
そういう自分自身を使って、やるべき事をやっていくのです。

鏡の中にもっと愛を見つけなさい。
鏡の中にもっと勇気を見つけなさい。
鏡の中にもっと素直さを見つけなさい。

それらはあなたの内側にあるのですから、必ず鏡に映し出されるでしょう。
あなたの周りに現れるでしょう。

今からの時代を生きて、道を切り開いて、輝きの道を生み出していくために、
あなたに必要なのは、鏡を見て、
その鏡の中に必要な資質が揃っている事を確認するのことです。



足りないものは何もないのですよ。
全て揃っています。
あなたのグループの、それぞれユニークな個性たちが、
それぞれの資質を使って、あなたと一緒に行動するでしょう。

そのようなあなたのグループを見つけるでしょう。
一緒にエネルギーを注ぎ、
一緒にこの世をよりよいものに改善し、
一緒に誰かを助け出す、仲間。グループ。


そうなるために、鏡を使うのです。
鏡を正しく使う事で、あなたはさらなる鏡の使い方を知らされる時が来ます。
まず、今使える使い方で、あなたの内なる鏡を使っていくのです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>


との事でした。
3種の神器の鏡は、そのようなものだったのですね。。。。

私たちの内側に、神器である鏡があるのですね。。。。

そして読み直してみると、鏡に関しては三段階あるようですね。
なるほどなるほど。。。

編集後記

老猫の命の期限

編集後記を書くのは久しぶりです。

最近、うちの老猫の命の期限が来ているというお話を書いたので、
色々心配してくださる方もおおく、
とても嬉しく思っています。

やはり、気にかけてくれる人がいること、
反応してくれる人がいることは、嬉しい事です(*^_^*)



うちの猫は老衰です。
もう寿命が来ているのだな、と思います。
ですから、戦いません。
少しでも楽に、快適に、気持ちよく最後をすごしてもらいたい、
と願っています。

普通のカリカリの餌は食べなくなりました。
今まで食べていた療養食の缶詰もほとんど食べなくなり、

今はもう少し味のよい、食欲をそそる、、、
つまり添加物三昧の16才以上用の餌にしています。

添加物の力はすごいです。
これにすると、少しは食べてくれます。


今日も家で点滴をしました。
だんだん慣れてきて、私はスムーズです。

点滴をする時に、逃げられないように家族に押さえつけてもらうのですが、
すごく嬉しそうに尻尾を振りながら、逃げ出そうとするのです。

多分、家族に構ってもらえるのが嬉しいのだと思います。
でも下手すると痛いし、数分間であっても押さえつけられるのはイヤなのでしょうね。
必死で後ずさりしようとします。


なんとか大人しくさせようとしたり、
短時間で点滴を終わらせるために工夫したり、
点滴の後にチュールのご褒美をあげたり、
念入りにブラッシングしたり、
寝ている背中をゆっくりとさすったり、、、

特別な事は何もしていないのですが、
そういう日常を幸せだと感じています。



全ての動物は、生まれて、生きて、死んでいきます。
それに例外はありません。

我が家に来てくれて、16年もの歳月を共に暮らし、
病気でも事故でもなく老衰で旅立てるのは、やはり幸せだと思います。


点滴をしたり、ヒーリングをしたりの日々が、
とても静かで幸せです。


あ、そうそう。
食べたいものを食べさせたとしたら、余命は1週間から10日です、
と宣告されたのが10/1でした。
明日でその1週間です。

もう少しだけ生きていてくれそうな気がします。



では。