「成長する」とは具体的にどういう事なのか

スピリチュアル情報

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。


今日はスピリチュアル情報をお届けします。

フェアリーブルーにとって、つまり私にとってとても重要なキーワードの1つに、
「成長」があります。


でも、具体的に「成長」するって、どういうことなのでしょうか?
身長が伸びるという意味の成長は具体的に数字で出てくるので、
とても分かりやすいですが、

心理的、魂的な成長は、どのような違いがあるのか分かりにくいですよね。



今日は、少しでも分かりやすくなるように、
解説します。


心理的、魂的な成長の1つの目安として、


「自己中心性を脱却する」


というものがあります。




魂は、自分を守り自分を大切にする体験のために、
自己中心になる時期があります。

個人主義で、自己中心主義で、
自分がよければいい。
周りの人たちの思いには全く気持ちが回らない。

人の言葉に聞く耳を持たない。
人の話を聞けずに、自分の言いたいことだけを言う。
自分の好きなようにしたい。

何よりも自分の感情や自分の考えを大切にします。



この、魂の幼児期を脱して青年期に入ってくると、
グループ意識に目覚めていきます。

自分はより大きな霊的なグループの一員であり、
そのグループの目的を果たすために働いている。
そこに自分の使命があり、そのために人生を使う。

世の中や周りの人たちの進化のために、様々な活動をしていて、
その使命・目的のためには自己犠牲を厭わない。

自我意識が薄くなり、グループ意識の中に溶け込んでいく。

グループ全体の向上や、その活動を通して世の中が進化していくことが、
何よりも大切な価値観になります。



私たちの多くはまだまだ「自己中心性」の方で生きています。

スピリチュアルに出会い、
視野を広げ、
傷を癒して成長していくと、
少しづつ自己中心性が薄れていきます。

時間をかけて自己中心性をそぎ落として、
他者の利益のために一生懸命になれる、グループ意識に近づいていきます。




ただしそれは、「売春婦元型」が働いている状態とは全く違います。

売春婦元型が働いていると、
自分を省みずに周りの人たちに尽くすような行動になる事がありますが、
その目的は、
「その人に嫌われない事」です。

ですから、その人の顔色を伺い、
怒らせないように、
爆発しないように、
好かれるように、
波風たてないように、

という気持ちから一生懸命行動するでしょう。

出てくる行動は似た感じになりますが、
それは「自分のために」している行動ですから、
自己中心的な行動なのです。


何を目的としてそれをするのか、という根本的な部分が全く違います。



自己中心性を脱していくと、

・友人の幸せやラッキーを心から喜べる
・自分の損失に気づかない、気にならない
・愛される事ではなく、誰かを愛する事が幸せになる
・人の欠点が気にならなくなるので、悪口などが激減する
・人からどう思われているのかが、全く気にならない
・とても自然にNOが言えるようになる
・気持ちが落ち込む事が激減する
・義務を喜んで果たす
・感謝の気持ちが自然に湧いてくる


こんな風になります。


そして結果として、当たり前のように豊かになります。
多くの場合、お金の心配もあまりしなくなるでしょう。
必要なお金は当たり前のように回ってくるようになります。

それは、天からの応援が強くなるからです。
この人ならお金を預けたい、有効に使ってくれるはずだ、
と天から信頼されるからです。



苦労がなくなることはないし、
課題やカルマも無くなるわけではありませんが、
そのステージが変わってきます。


フェアリーブルーで、そして私が「成長」と言う時には、
上記のようになることを意味しています。

覚えておいてくださいね(*^_^*)



では。