「成長する」ためにすべき事 その3 メンタル体の浄化

メンタル体の浄化

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

少し間が空きましたが、お約束していたように、
「成長する」ためにすべき事の続きを書きます。


10/25にエーテル体とアストラル体の事を書きました。
とても重要な情報ですから、ぜひ読み直して読み込んでくださいね。



今日は「メンタル体の浄化」について書きます。


エーテル体は肉体、
アストラル体は感情、
メンタル体は思考を担当しています。


メンタル体の浄化とは、ストレートに言うと考えている事の浄化です。

私たち、起きている間はひっきりなしに何かを考えていますよね。
その多くは自動的で、考えなくてもいいような事ばかりです。

十分に慎重に考える方がいい事は横に置いて、
考える必要のない事、考えても仕方のない事ばかりぐるぐる回りしてしまう。。。。

よくある事です。


アストラル体のパワーが優勢な方は、
考えているふりをして感情に浸っているだけの場合があります。
ぐるぐる回りで考えている思考に、しっかりとした感情の裏打ちがあり、
その感情の方が思考をコントロールしているような場合です。

そういう方は、アストラル体・ネガティブ感情の浄化をするといいです。


よい形でメンタル体が発達して、思考能力がアップしてくると、
冷静に客観的に物事を考えられるようになります。
そして、暴走する感情を比較的楽に収められるようになっていきます。

それは感情を抑圧して感じないようにしているのではなく、
ネガティブ感情が無駄に暴走しなくなるのです。

これは一見にている状態ですが、実は全く違います。

メンタル体が発達してきても、感情がなくなるわけではありません。
理想的に発達していけば、
ポジティブな感情は十分に表現するでしょう。
でもそのよい感情に執着することもなくなります。

ネガティブな感情も感じますが、それに執着することもないので、
それは流れていきます。


そして思考能力を使って物事を探求したり、研究したり、
論理的に考えたりするでしょう。

どうしたら世の中がもっと生きていきやすくなるのか、
不合理な部分はどのように改善できるのか、
本当に有効な方法はどれなのか、

しっかりと考える人になるでしょう。


そして喜んで自分の責任を背負います。
家族を守る責任や、
所属するグループ内での自分の責任など、
集団全体の利益を考えて動くでしょう。


そのような、メンタル体が優勢になっていくことが、
今の私たちの目標です。


アストラル体の戦場を抜け出して、
メンタル体がアストラル体を統御するようになり、
知性的で冷静な人になることが、
今の地球人の目標です。


ではメンタル体の浄化はどうしたらいいでしょうか?


最初にオススメしたいのは、「瞑想」です。
瞑想は、アストラル体の戦場で翻弄されている人には出来ません。
全て妄想になってしまうからです。

瞑想に取り組めるようになるのが、
メンタル体が優勢になっていく時期の1つの目安となります。

そういう方は、アストラル体の浄化をもっと徹底的にしていくと、
自然にメンタル体が優勢になっていきます。


瞑想には様々な効果があり、様々な方法がありますが、
心惹かれるもの、縁のあるものから入るのがいいと思います。


瞑想や様々なエクササイズを、コンスタントに毎日やり続けられる、
というのも、メンタル体に移行しつつある人の目印です。

自分とは違う考え方をする人たちを受容し、
冷静にそれを検討し、
1つの思想として対等に接することが出来るようになるのも、
メンタル体がポジティブに発達している目印です。



メンタル体がネガティブに発達すると、、、、
極端な思想を盲信して過激になるとか、、
理論的におかしい、筋の通らないものを盲信するとか、
が考えられます。


今ふっと出てきた事ですが、例えば人工知能やクローン、
人造人間などをどう考えていくのか、

戦争や貧困をどう解決していくのか、

などもメンタル体が発達してきて初めて
ちゃんとした対応が出来るようになるのだと思います。



では。