想念つまり思考は、一種の生き物としてメンタル体上に現れる

冬至の浄化ヒーリング

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今週は、冬至を中心にした徹底的な浄化ヒーリングをおすすめしています。




最近私は猛烈に勉強しています。
今日は、ちょうど今読んでいる部分に面白い文章があったので、
それをここにコピーします。

「神智学大要の第3巻、メンタル体」より抜粋しました。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>

人の想念は、特にそれが強くかつ明瞭であればあるほど、
他の多くの人々に必ず影響をあたえるのであるから、
考える人には全て大きな責任があるのである。

不純な想い、あるいは邪悪な想いを抱いている人は、
そのことによって人々の間に非道徳的という
伝染病をまきちらしている、といっても過言ではない。

大多数の人々はもともと悪の潜在萌芽、
外部より働きかけない限りは決して実を結ばないはずの萌芽、を持っていることを思えば、
不純なあるいは不浄な想いはある人の中に潜んでいるこのような萌芽に働きかけて、
それを成長させる要因となっているかもしれないし、
一人だけではなく、多数の人々に影響を与えているのかもしれないのである。

中略

なるほどそれは無意識のうちになされてはいる。
しかし、それにもかかわらず、
その加害者は自分のしたことに対してカルマの責任をおわなければならないのである。

よき想念が同様にして他によい影響を与えることはいうまでもない。
したがってこのことをよく理解している人は、
絶えず自分の友人や隣人に、
愛や静謐や平安などの想いを放射して事実上、
太陽と同様の働きをすることができるのである。
もしその気になれば、人は想念の力によって善のためにどれだけ大いなる力を発揮しうるものであることか、
このことを知る人は極めて少ない。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

この文章は、何度も読み返して意味をしっかりと把握してください。
とてもとても重要なことが書かれています。



私たちが考えたことは全てアストラル体上で、
色や形を持った物質として生み出されます。

ネガティブな考えは暗く重く濁っていて、
ポジティブな想いは明るく軽く輝いているそうです。


愛情はバラ色に光り、癒してあげたいという思いは美しい銀白色となり、
精神を強化しようとする精神的努力は美しく輝く黄金色だそうです。

私たちもぜひとも、そのような美しい想念を放射したいですよね(*^_^*)


そしてネガティブな想念も、ポジティブな想念も、
誰かあるいは身近な人に影響を与えて感化しているそうです。

これは敏感な人は「そうそう」と思うでしょうね。
分かる分かる、そうよね、と。



想念つまり思考は、一種の生き物としてメンタル体上に現れるのです。
そして内容によってはアストラル体にも、エーテル体にも大きな影響を及ぼします。

だからこそ、浄化やヒーリングが必要なのです。
自分のために、周りの人たちのために、浄化や断捨離は必須です。




今回の浄化ヒーリングは、まだヒーリングの細かい設定などは決めていませんが、
私たちが周りにネガティブな影響を与えてしまったり、
周りからネガティブな影響を受けたりすることを防ぎ、

自分自身にも周りにもポジティブで美しい波動の想念・思考・思いを持てるようにします。
少なくともそれを強く意図しています。


ネガティブなことをぐるぐる考えていて、
それが新たなカルマになるって、、、、イヤでしょう?

だから、徹底的に浄化ヒーリングをしていきましょう。