触っているだけで木の実から芽が出てくる

ムーライトペンダント

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はムーライトペンダントのお話をします。

まだムーライトペンダントを持っていない方には、
ぜひ一生涯のお守りとして身につけて欲しいです。




これは私の友人の、山口所長が渾身のパワーを込めて
作ってくれています。

山口所長は様々な顔を持つ人です。

先日、
「いつ頃、自分は不思議なパワーを持っているって気づいたの?」
と質問したら、


「子供時代から普通にエネルギーを使ってた。
それが当たり前で誰でも出来るんだと思ってたけどな。
ナイフ一本もって山を走り回るのが自分たちの遊びだったんよ。
山の中で木の実とか見つけて、手のひらの中でぐるぐるしていたら、
どんどん芽が出てきた。」


木の実を触っていたら芽が出てきたって、、、、、
普通じゃないですよね。。。


「具合悪い人のことが分かったし、触ると治るのも知ってた」
そうです。


努力を全くせずに最初から持っている能力は、
おそらく、前世で身につけたもので、
今世ではそれをよりよい形で使いなさい、という課題なのでしょうね。


毛筆の腕も産まれながらのもので、
様々なコンクールで優勝しています。
ほとんど練習も努力もなく。


それから山口所長は、睡眠時間が平均3時間です。
全く疲れを知らずに求められるままに働きます。
体力お化けというか、
私が最初に「人間じゃない」と認定した第一号です。


そして、数年前の誕生日会を忘れることが出来ません。
照れ屋の山口所長には秘密で、会社のスタッフさんたちを中心にして、
誕生日会の企画が持ち上がったのです。

会場がどこだったか忘れてしまいましたが、かなり広い場所でした。
その日は山口所長に並々ならぬ縁と恩を感じている人たちが集まり、
所長をびっくりさせて、楽しく遊ぼう、という企画でした。

そこに集まったのは、その日になんとか都合がついた人だけでしたが、
200名を超えていたと思います。


その方達全員が、山口所長と自分は深いつながりがあり、
この人がいなかったら今の自分はいない、と心から思っている人たちでした。

山口所長は常に全力で、目の前の人がよりよい健康状態、
よりよい人生になるように、天性のパワーを惜しげなく使ってくれます。


ムーライトペンダントとレスキューゴールドは、
直接彼に会えない人たちのためにも作られたのだと思います。



そうそう、、、ちょっと悲しいお話しもありました。

ムーライトペンダントの秘密を知りたいのでしょうね。
そういう関係の方がペンダントを注文して、返品してきたことがあります。

ペンダントは、様々な手段で検査されていたようです。
戻ってきたので、私はメンテナンスをしてもらって家族にプレゼントしようとしました。


私には分かりませんが、所長はペンダントを手に取るなり、


「可哀想に。。。。この子は相当色々な検査をされている」
と言っていました。


所長をライバル視している人か誰かが、真似しようとしたのかもしれません。
ペンダントのパワーの秘密を知りたかったのかもしれません。

なにかちょっと悲しいような、、切ない気持ちになりました。
ペンダントを必要として、欲しいから購入したのではなく、
もともと返品するつもりで購入したのでしょう。

そういう人もいるのですね。

でもそれはそれでその方にカルマとして戻ってくるでしょう。
私たちには関係のないことです。
所長も私も、必要とされる人、求めてくださる方に渡していくだけなのですから。


ペンダントは何らかの意思をもった生命体だ、と私は感じています。
鉱物の持つ意識を超えた何かです。


ぜひ、あなたの胸元にも、ムーライトペンダントを飾ってください。