キリストは役職名、イエス様の役職就任日がクリスマス

メリークリスマス

MerryChristmas☆⌒(*^∇゜)v(*^▽^)/★*☆♪

フェアリーブルーの福本いずみです。
楽しい時間をすごされているでしょうか。


日本ではなぜかクリスマス当日よりもイブの方が賑やかですよね。
セッカチなのかもしれません。



今日はきっと記事を読んでくれる人も少ないに違いない、、、、
と勝手に思い込んでいる私です。


でも今日は、空気の透明感がいつもとは違うような気がします。
これも単なる思い込みかもしれませんが、

イエス様の誕生日が清らかな日であってほしい、
と思います。




今私が勉強しているものでは、
キリスト、というのは高次元の存在の役職名です。

会社でたとえると、専務とか部長とかいうような、
その方の仕事上の役割を示すものなのです。


ですから、イエス・キリストというのは、
イエス営業部長とか、イエス専務取締役とか、
なんかそういう感じなのです。

キリストという役職にその時についたのが、イエス様だった、というわけです。


面白いでしょう?

もう少し詳しく書くと、

あのような役割を人間界で果たす人が必要だった当時、
その役割を担えるだけの高次元の意識状態だったイエス様が、
キリストという役職に抜擢された。

そして「愛」と「奇跡」を私たちに示してくれた。



つまり、イエス様がキリストという役職に就任して、
この世に誕生した記念日が明日、なのです。




イエス様は、輪廻転成を否定していなかったようですね。
後の時代の権力者が、自分の都合がいいように改ざんした歴史が、聖書にはあります。
でも、聖書の中にはいくら改ざんしても隠しようのない真実もまた書かれている。

もう少し聖書の勉強をしたほうがいいかな、と最近の私は考えています。


宗教って、実は面白いのです。



では。