世界一ステキなゴミステーション

分かち合う村

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

前回「分かち合う村」を作りたい、
という記事を書いたら、
いきなり様々な情報が入ってきました。

メルマガの読者の方からも、いつになくたくさんの反響がありました。

ちょっとビックリです。

そしてステキな情報ばかりなんです(*^_^*)
とても嬉しいです。



こうなったらいいな、
こんな風に出来ないのかな、、、
と軽く考えていた事をすでに実践しているコミュニティが、
私が考えていたよりもたくさんあるようです。


嬉しくなったので、少しづつ紹介しますね。


まず最初に見つけたのは、
「ゼロ・ウェイスト宣言」をした徳島県上勝町の記事でした。
ゼロ・ウェイスト宣言というのは3項目あるのですが、
「ゴミの再利用・再資源化を進め、2020年までに焼却・埋め立て処分をなくす最善の努力をします。」
というものが中心になっています。

なんと、民間ではなく行政として取り組んでいるのです。
人口1700人弱だそうですが、
それでも行政は行政です。


こちらに、ゴミ関係の紹介記事があります。
https://greenz.jp/2016/04/25/kamikatsu_zerowaste/


こちらには、なぜゼロ・ウェイスト宣言に至ったのかの理由や、
めっちゃステキなゴミステーションの複合施設の写真あります。
すごいです。きっと世界一ステキです。
https://ideasforgood.jp/2019/01/26/tokushima-kamikatsu/



そしてその取り組みを広げるための組織も作ったそうです。

ゼロ・ウェイストアカデミー
http://zwa.jp/


村を作るならゴミ問題は避けて通れません。





何か環境問題系の現実を見た時に、
あれこれ「そうかそうか」と情報を仕入れた後に、

「私も出来る事を少しづつやります」
というような一見優等生的な言葉を言ってしまう事はありませんか?
そして結局何もしない。


「日常的に自分にも出来る事」が何なのかがよくわかっていないし、
「自分が日常的にしている事のマイナス作用」も分かっていない。
というか、分かりたくない(*^_^*)
ゴミ認定したと同時に、それは自分の世界から存在しなくなる。


ですよね?
私も限りなくその状態に近いです。


あ。かなり意識的に様々な事をされている方もいらっしゃるでしょう。
でもまだ少数派です。



私は、自分たちが作る村をゴミだらけにしたくないし、
ゴミ問題を見なかった事にしてはいけないと思うので、
ゴミを出さない努力を始めました。


私の今週始めた取り組みのひとつは、生ゴミを減らす、です。
もともと野菜の皮など食べてしまうので生ゴミは少ないのですが、
もっと減らせる事が分かりました。

こういう取り組み、案外楽しいですよ。



では。