規則も命令も上司も責任もない! 幸せをはこぶ会社

おふくろさん弁当

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

先日「アズワン鈴鹿」という非常にユニークなコミュニティのご紹介をしました。
と言っても、まだ私は見学に行けていないのですが、

そこには「おふくろさん弁当」というお弁当の会社があります。



その会社には、

規則がない
命令がない
上司がいない
責任もない

なのだそうです(*^_^*)
だからもちろん、何か失敗しても怒られることもありません。



この4つって、人がやる気をなくすことのベスト4ですよね。
誰かをやる気のない状態にしたかったら、
規則をたくさん作って、
ガンガン命令して、
地位をしっかりと定めた階級制にして、
責任をその方に乗せてあげればいいですよね。


そういう「非人間的な」「人のやる気をなくさせる」ようなものは一切やめて、
人が幸せになるための会社を組み立てて、とてもうまく行っているようです。


この会社はとても自由な会社で、

行動の自由(好きな部署で働く)
時間の自由(仕事の時間帯は自分で決める)
お金の自由(生活に必要な額の給料をもらう)
人間関係の疲労からの自由(対立しないためのノウハウがある)

のです。


お弁当屋さんなので朝は早いそうですが、
他のお弁当屋さんが午前1時や2時から動いているのに、
ここは4時過ぎてからのスタートだそうです。

そしてシフトは、自分が出たい時間帯を各自が表に書き込む。
みんなが書き込んでいくと、どう考えても人数が足りない時間帯が出てくる。

そうすると、
じゃあ私、こっちの時間からそっちに変更するわ。
その日のその時間なら私、出てもいいな。

というように自主的にみんなで調整して、ちゃんと何とかなってしまうそうです。

それってとても素敵ですよね。
誰も無理していない。
みんなが会社のことや他のメンバーのことを自然に普通に考えている。



私が一番驚いたのは、

「給料は、本人の家庭状況等のニーズを聞いて、話し合いで決める。
能力、資格は一切関係ない」

のだそうです。
もちろん、時間給がいくらで何時間働けばいいとか、そういう計算もないそうです。

「仕事と給料は別と切り離して考えている」のだとか(〃^ー^〃)


仕事とは関係なく、お金が必要な時には必要なので、
それを言えばちゃんと考慮してくれるそうです。
「そんなにいらないよー」という方もいるそうです。

基本的に、その人が欲しいだけの額をもらっているようです。

すごいですよね、これ。


もっと働いて、もっと給料が欲しい人もいて、その人にはそれが叶えられる手当等を出して、
希望が叶うよう対応しているそうです。



ちょっとあり得ないですよね。
普通の会社ではあり得ない。


でもここではそうやっていて、うまく行っているのです。
そして会社も黒字になっている。




それってどんな会社なのか、興味が湧きませんか?
もう少し知りたくなりますよね。

アマゾンで検索してください。

「規則も命令も上司も責任もない」で出てきます。
黄色の表紙に可愛いイラストがたくさんついています。



私なりに、この会社がうまくいっている理由をまとめました。
その話がしたくてウズウズしています。
もしかしたら、この本の読書会とか、本の紹介セミナーとかするかもしれません。


で、このようなグループがうまくいく要因の一つは、
何かうまくいかなかったり、
誰かと誰かが対立しそうになったりした時に、
それにどう対応していくか、なのですが、

心に傷があると、視野が歪んでしまうので、
相手の言動を非常にネガティブに受け取る傾向があります。
子供時代の育ち方から来た、真実ではない思い込みがあると、
(例えば人を頼ってはいけないとか)
やはり視野が歪みますし、決して明るい楽しい職場にはなりません。


なんらかの方法で心の傷を癒したり、
自分が間違って信じ込んでいるネガティブな信念に気付いたりしていけば、
そのグループはよい形で存続できるでしょう。


結局、仕事は人がするのですから、
会社も人で出来ているのですから、
働く人が癒されて成長していれば、
あるいは癒されて成長していける仕組みがあれば、うまくいくと思います。


理想的なコミュニティに入れば全てうまくいく、
のではないですよね。
自分の傷が疼いていれば、コミュニティ内で楽しく働けるはずがありません。
その傷があるからこそ、周りの人たちを傷つけてしまうこともあるのですから。

結局、何をするにしても、
自分自身の心の傷が癒されて、成長して、
視野の歪みが減っていくこと、
このことこそが個人の幸せだけではなく、グループの幸せに直結しているのです。


だから、アチューメントがすごく有効だし、大切だな、と改めて思いました。


私が作りたい、と考えている村は、
この「おふくろさん弁当」の会社のような、
みんなで分かち合うグループ意識を持った村なのです。


そのためにも、しっかりとアチューメントやヒーリングを広げていきます。

(と、たまには仕事の宣伝もしなくては。。。)

編集後記


野菜くずでブロス

久しぶりの編集後期です。


実は、ブロスを作りました。
発端は、「キッチンで出る生ゴミを減らそう」でした。

でも我が家では、生ゴミはかなり少ないのです。
大根の皮もにんじんの皮も剥かないで食べてしまいますから。

キャベツや白菜の芯も、かなりキワまで食べます。

でも野菜クズでプロスを作る、という記事を見たので、
やってみることにしました。


やり方で多いのは、野菜クズを冷凍してためておく、という方法です。
冷凍することで出汁が出やすくなるし、
腐るのを防げるからです。


私が食べている野菜は枯れても腐らないものだし、
干すと野菜がすごく美味しくなるので、
野菜クズも干すことにしました。

でも窓を開けると花粉が来るし寒いのも嫌なので、
1日に数時間お日様があたる窓辺のガラス越しに、
キッチンペーパーを敷いた上に干しました。


随分たくさん集まったので、昨日ブロスを作ってみました。

作ってみて驚きました。
今日は味噌汁に使用したのですが、
すごく美味しい。
本当に美味しい(*^_^*)

普通の出汁は全く不要です。
優しくてまろやかで濃厚な味になります。


シチューやカレーの出汁にすごくいいと思います。
パスタ用のトマトソースに加えたり、
ホワイトソースを作る時にも加えるといいはずです。

ピラフやチャーハンにも少し入れて強火で炒めて水分を飛ばすとか、
いろんな使い方が出来そうです。


これ、お勧めです。
私はかなり気に入りました。



では。