伝導瞑想とトライアングル瞑想

コロナちゃん騒動で様々な情報が飛び交い、心の中が大騒ぎの方もいらっしゃるでしょう。
こんな時こそ15分間の「トライアングル瞑想」で天上界のエネルギーを返還しましょう。

トライアングル瞑想のメールマガジン登録はこちらからどうぞ

アリス・ベイリーの「ハイラーキーの出現」という本の中に、こんな言葉があります。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

もう一つ覚えておいてほしい。
それは、魂として生きようと努め、魂や霊的なリアリティの世界に接触している人々が行動する力は、
力や有用性に関して自分が感知している感覚とは全く釣り合わないほど大きいという事である。
霊的なフォースを建設的かつ非利己的に行使しようと努める時、あなた方は自分が思う以上に遥かに強力なのである。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

祈りやトライアングル瞑想のバワーは、私たちが感じるよりも遥かに大きい、という意味です。

勇気づけられる言葉ですね(*^_^*)

と言うわけで、コロナちゃん騒動が私たち人類にとって最善の結果となるように、
トライアングル瞑想を一緒にしましょう。

15分間のトライアングル瞑想の詳しい説明と申し込みはこちらから(ページ内リンクを貼る)

瞑想をするのが難しい方は、「祈り隊」に加わって祈りませんか?



伝導瞑想

伝導瞑想とは、奉仕の瞑想です。

神智学の情報は過去に様々な人物を経由して紹介されてきました。
最近では、1876年に神智学協会を設立したブラバツキー夫人が、「シークレットドクトリン」など重要な情報を公開しました。
アリス・ベイリーは1919年からハイラーキーのマスターとのテレパシーにより、ブラバツキー夫人の情報をベースにさらなる情報をもたらしました。
そしてベンジャミン・クレームは1959年からマスターからのテレパシーを受け取り始め、その後の私たちに必要な情報を伝えてくれました。

このベンジャミン・クレームがとても力を入れていたのが、この「伝導瞑想」の普及でした。

アマゾンで検索すると「伝導瞑想」という黄色い本が出てきます。
興味のある方はぜひ、この本を読んでください。
非常にユニークで興味深く面白い本です。

伝導瞑想の特徴は3つ

伝導瞑想の特徴は3つあります。

1、奉仕の瞑想であること

自分自身の霊的成長のためにするのではなく、地球への奉仕のための瞑想です。
今地球上で必要とされているエネルギーを必要とされている場所にハイラーキーが送るためには、エネルギーの電圧を下げる必要があります。
ハイラーキーたちが扱っているエネルギーの波動は高過ぎて、直接人間が受け取ると心身に不調が来るそうです。
その高すぎる波動を適度な波動に変換、トランスミッションするために、私たちのセンター(チャクラ)を使うそうです。
これはそのための瞑想です。

そして、 高波動のエネルギーが瞑想者のセンター(チャクラ)を通過するために、結果として私たちの進化が加速されます。
10年普通の瞑想をしたのと同じ効果が、1年である、と言われています。

2、とても簡単

特別な技法も呼吸法も必要ありません。やり方はとても簡単です。
12才以上で心身ともに健康であればどなたでも参加可能です。
瞑想のベテランの方も、初めて瞑想する方も、問題ありません。
他の瞑想をしている方も、その瞑想を続けながら伝導瞑想もプラスすると良いです。

3、グループ瞑想

これは個人でする瞑想ではなく、グループ瞑想です。
人が3人以上集まることでトライアングルができ、通過してトランスミッションされるエネルギー量が膨大に大きくなります。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

シェア・インターナショナル・ネットワーク https://sharejp.info/

ここで紹介されている「上映会」や「瞑想会」などに参加するといいと思います。
あなたのお住まいの近くでも、会があると思います。

トライアングル瞑想

伝導瞑想の出発点は、トライアングル瞑想だったそうです。
トライアングル瞑想をアリス・ベイリーが紹介し、
その後にベンジャミン・クレームが伝導瞑想に発展させたものをマスターから教えられて広げて来ました。

伝導瞑想は本当に素晴らしいものなのですが、そしてあちこちにグループがありますが、
なかなかその時間にそこに行けない、という方がたくさんいらっしゃいます。

トライアングル瞑想よりも伝導瞑想の方がはるかにたくさん貢献できるのですが、
現代人の私たちには、トライアングル瞑想の方が手軽に参加できると思います。

トライアングル瞑想の特徴も3つ

トライアングル瞑想のも特徴3つあります。

1、奉仕の瞑想であること

これは伝導瞑想と全く同じです。
ただ、伝導瞑想の方がトランスミッションできるエネルギーの量が多いです。

2、とても簡単

伝導瞑想のやり方とほぼ変わりませんが、伝導瞑想が長時間やればやるほどよいのに比べて、
トライアングル瞑想は1日に15 分ほどの時間で終了します。
そしてどこかの会場にみんなで集まる必要がありません。
あなたの都合のつく時間に、決められた瞑想をするだけで、エネルギー的な奉仕が出来ます。

自分の都合のつく時間に、自分の都合のつく場所でできる。
これは忙しい現代人向きのとてもありがたい方法だと思います。

3、グループ瞑想を個人でする

3人以上のグループですることが基本ですが、時間と場所を決めて集まる必要がないために、
物理的には個人の瞑想です。
でもエネルギー的にはグループ瞑想になります。

トライアングル瞑想の参加者を募集します

と言うわけで、トライアングル瞑想をしてみたい、と思われる方を募集しています。
初めての方は上記の本、ベンジャミン・クレームの「伝導瞑想」を読み、
シェア・インターナショナルで開催している紹介の会に参加される事をお勧めします。

その上で、なかなか会場にいけないのでトライアングル瞑想をしたい、と思われる方は、
下記のお問い合わせから連絡をしてください。

もうすでにトライアングル瞑想をしているよ、というグループの方も、
私たちと繋がりませんか?
連絡をお待ちしています。

トライアングル瞑想のメールマガジン登録はこちらからどうぞ