婚家のカルマを引き受けている場合もあります

春のお彼岸の先祖供養

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

昨日からご案内している「お彼岸の先祖供養」ですが、
着々とお申し込みを頂いています(*^_^*)
助かります。


私の友人をAさんとします。
Aさんは不思議なご縁があり、
ある男性と結婚しました。

ご主人の父親は大きな会社の社長をしていて、
一族で仕事をしていますが、
Aさんのご主人は身体を壊していて療養していました。

その家は親族とのつながりや法事などをとても大切にしていて、
Aさんも一生懸命していました。


Aさんは結婚してからリュウマチになり、
様々な治療を試みても良くならず、
それでも好きなスポーツをしたりしていました。


何年かすぎ、ある事情があって二人は分かれる事になりました。
詳しい事はわからないのですが、
Aさんのリュウマチは治ったそうです。

これもすごい話ですよね。

あくまで推測ですが、
Aさんは婚家の家系に関わる何かの影響・カルマを受けていたのでしょう。
そうとしか考えられません。



家系に伝わってくるものは、
強い場合も弱い場合も色々あると思いますが、
強く伝わってくると、Aさんのようになります。

また他の女性で、やはり結婚してから様々なトラブルに見舞われている方もいました。
その方はお気の毒に、離婚されてからもその影響から逃れる事ができずに、
苦労されていました。


家系のDNAの浄化・先祖供養は疎かにしてはならない。


そう思います。


では