5月の満月の「ウエサク祭」はなぜ特別なのか

ウエサク祭

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は暑いくらいの陽気でしたね。
合物の服がない、、と騒いでいたのですが、
もう半袖かな、という気がします。


今日は年に一度のイベント「ウエサク祭」の時期なので、
この情報をお伝えしますね。


瞑想教室や、先月のスーパームーンの満月瞑想、
トライアングル瞑想などに興味を持ってくださった方には、
すでにある程度の情報をお渡ししていますが、

知っていた方がいい内容だと思うので、
こちらでも書きます。


5月の最初の満月の日はウエサク祭と呼ばれるお祭りが、
ヒマラヤの有名な渓谷で何世紀にもわたって催されてきたそうです。

ちょっと神智学の本から引用します。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>

仏陀が毎年、神自身のハートそのものから戻ってきて、
至る所にいる自分の民を祝福し、知恵と光と愛のメッセージを人類に伝えている。

—中略— 

毎年、仏陀は戻ってくる。
神が存在し、常に愛しているということを、
彼が自分の民のことを忘れてはいないということを、
宇宙のハートは変わることのない慈悲であるということを、
そして人は独りではないということを、
短い間ではあるが、仏陀は私たちに思い出させてくれる。
こうした認識をもたらし、こうした出現を可能にするために、
生き生きとしたエネルギーのトライアングルが創造され、3名の偉大な霊的存在に集中されている。
(3名とは、サナット・クマラ、仏陀、キリスト)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>



5月の満月のウエサク祭は仏陀が中心のお祭りで、
6月の満月はキリストが中心のお祭りです。

このお祭りの目的は色々あり、
その時の世界の動きによって変更されたりするらしいのですが、

一つは、

東洋と西洋の神に対するアプローチの事実上の一致を、
物質界において証明する他、キリストと仏陀の両者が同席なさる。

と言うものがあるそうです。



トライアングル瞑想に参加される方は、
そのエネルギーをダイレクトに受け取れるかもしれませんね。

瞑想に乗り気ではない方も、ぜひ今日から1週間は、
自分自身の一番高い波動で暮らしてください。

「もし自分が善意の塊だとしたら、
今、どのように行動するだろう?」
と自分自身に質問して、その答えを行動してください。

善意の波動、
あなたの一番高い波動で行動する事で、
地球全体の波動が上がると思います。



では。