寝ている間にどこかに行っている?

アリス・ベイリー神智学

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。


今日も、先日のセミナー「今後の地球がどのように発展して行くのか」
の後にいただいたご質問にお答えします。

それは、


>>>>>>>>>>>>>>>>>>

私たちが寝ている間に私たちの魂が
アシュラムで勉強していたりしますか?
宇宙図書館で本を読んでいるとか…
寝ている間ってどこにいっているんですかね?

>>>>>>>>>>>>>>>>>>


です(*^_^*)


神智学ではどう言われているのかを、
書きますね。


私たちは寝ている間に、
アストラル体が肉体から離れて、
あちこちに移動しているようです。

魂が、ではなく、
アストラル体が、肉体を抜け出します。

魂は魂で、常に瞑想したり学んだりしています。



アストラル体の行先のほとんどは
「アストラル界」のはずです。


そして魂の発達段階を大きく3つに分けます。

魂がまだ未発達な人の場合には、
アストラル界のあちこちをウロウロしているだけらしいです。

しかも未発達という事は、
7つに分けられているアストラル界の
低い階層にしか行けないと考えられます。


この辺りのことは詳しくは書かれていませんが、
書かれていることから推理するとそうなります。


アストラル界の低い階層というのは、
起きている間に考えていることが、
そのまま現実になっているような場所で、
とくにどうという事のない場所だと思います。


比較的発達してきた人は、
彷徨っている霊が成仏出来るように助けてあげたりするそうです。

人は亡くなって肉体を離れると、
多くの場合はアストラル界で比較的長い時間を過ごします。

その中には、自分が亡くなった事に気付いていない霊もあるので、
そういう霊を納得させて、導く仕事があるそうです。



かなり発達してきた人は、
ハイラーキーのお弟子さんたちが開いている教室に参加して、
様々な学びをしているそうです。

そこにその人の「魂」が関与していなくてアストラル体だけなのか、
「魂」も関与しているのか、詳しくは分かりません。
わかったらまたお知らせしますね。


ハイラーキーたちは7つのグループに別れていて、
得意分野というか、担当分野が違います。

ですから自分にあった分野のグループに行き、
学びを深めているようです。


そしてそのお教室は、
夜の10時から朝の5時ごろまで開かれているそうです。


そして朝になって肉体に戻ると、
その時の記憶は残りません。


ただ、もっともっと私たちが進化して、
レベルアップしていくと、
寝ている間の記憶が持てるようになるようです。

そうなると、1日24時間全ての意識があり、
夜中にアストラル体でどこに行ったのか、
何を学んだのかも全て分かっているようです。

でもこのレベルはかなり高いので、
それを目指して自分自身のレベルアップを頑張りましょう。



私の場合は手始めに、早寝早起きして、
10時から始まるお教室に遅刻しないようにして、
お教室に行けるようになるのが目標です(*^_^*)



実は、、時々メールをいただくのです。
寝ている間に私がその方のところに行って、
その方のサポートをしていた、と。

それも単なる夢だとは思いますが、
自分の性格を考えても、
十分ありえるよな、、、と思います。


そんな訳で、多分あなたも夜中に身体から抜け出して、
それなりに何かをしていると思いますよ。



早く、その記憶を持ったまま目覚められるようになりたいです。




そして明日は5月の満月、ウエサク祭です。
17時45分ごろが満月だったと思います。

瞑想に参加されない方も、
その時間に満月を眺めるとか、
良き事を考え、良き事を実行出来るようにするとか、
自分自身も周りの人もポジティブになれるような、

何か有益な事をするといいですよ。


では。