幸せとはハートチャクラが開く感覚のこと

ハートチャクラ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

ふと思うことがあってインスタにアップしたので、
それを少し詳しく書きます。


幸せとは、
ハートチャクラが開く感覚のことです。

ハートチャクラが開くと、
様々な物や人への愛が溢れ出して、
愛おしくて切なくて、幸せで満ち足りた感覚になります。


ところで、チャクラが開いていく順番は、
神智学・秘教の知恵で言うと、
喉の第五チャクラが先です。

第二チャクラの創造性のエネルギーが、
第五チャクラにあがっていき、表現としてアウトプットされます。

自己表現が可能になってきてから、
次の課題として、
第三チャクラの自己中心性や情のエネルギーが、
第四チャクラの愛のエネルギーに変換されます。



もう少し詳しく書きますね。



私たちは人生の様々な苦しみを味わいます。
人間関係や人とのつながり、
男女関係やお金との関係、
創造性と想像性、
アイデアを現実に生み出すこと、

などが第二チャクラに関係ある課題です。


嫌なことや出来ないこと、無理にはノーと言い、
自分に必要なものに手を伸ばし、
相手の立場を想像し思いやれるようになり、
人との距離感の調整が可能になり、
子供を育てるように自分の創造物を育てて楽しむ。


それはカルマが絡んでいるかもしれないし、
単に魂の目的なのかもしれません。


それらの課題に取り組んで、奮闘して、
うまくそれを乗り越えることが出来ると、

人はその学びを表現し始めます。

つまり、第二チャクラのエネルギーが、
第五チャクラに上がったのです。

自分が学んだことや、有益な情報をアウトプットして、
自己表現をするだけではなく、
誰かのためになるという体験をするでしょう。

必要な情報をアウトプットし、
自分の考えをまとめて表現し、
誰かに役立つ何かを提供し、
音楽や踊り、絵画や映画の制作をするかもしれません。


そういう転生がいくつかあるかもしれません。
いくつかの人生を経験して、アウトプットを実践するでしょう。
十分に「表現」することを学ぶと、次の課題が始まります。




第三チャクラの「我が我が」のエネルギーが浄化されて、

自分がしっかりするためではなく、
自分が素晴らしいのだと証明するためではなく、
自分の家族を守るためだけではなく、
自分の能力を発揮したいからではなく、
自分を誰かに認めてもらうためではなく、


誰かへの愛が自然に溢れる、
誰かへの思いやりや暖かさが充満する、
全ての人たちが自分の兄弟姉妹だと感じる、
辛い思いをしている人に手を差し伸べたいと心から願う、
この世の美しさや素晴らしさに感動する、
愛を分かち合い、愛を与える人になる。

つまり第四チャクラが開いていきます。


第三チャクラの、自分の利益になる相手に情をかけたり、
周りの様々なエネルギーに翻弄されたりするのではなく、

しっかりとハートの愛に立脚して、
溢れ出てくる愛を堰き止めることなく、
世界に向かって愛を表現していくでしょう。


人の成長は、そんな順番になるのではないか、と思います。

いくつもの転生を経て、少しづつエネルギーを変性させ、浄化させ、昇華して
そんな風になっていくでしょう。



「自分の課題だな」と思うもの、
「ここに苦しみがある」と感じること、

それらは、魂があなたのためにそこに置いた「道標」です。
それに取り組むことで、魂は確実に成長します。
心の傷は癒され、隠されていた能力が浮上し、
本来の自分を取り戻していくのです。

必ずそうなります。


魂はとても計画的で親切なので、
あなたが自分の課題や自分のカルマに、
取り組み損ねるようなことは絶対にありません。

あなたの目の前に現れている「それ」に取り組めばいいのです(*^_^*)
「それ」に取り組めば必ず、ハートチャクラの「愛」にたどり着きます。


そのために、
アチューメントやヒーリングがあるのです。



では。