「言い訳」と「分かってもらいたい」

心の傷にヒーリング

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。


最近、「言い訳」に関する話題が増えているので、
ちょっとシェアします。

事情は適当に改竄してあります。



Aさんは誰かに何かをすることを期待されていて、
それがなかなか出来ないハードルの近い事なので、
その相手に、出来なかった理由を話すそうです。

そうすると相手の方が「言い訳ですね」と言うそうです。
Aさんは事情をわかってもらい、
どうすればいいのかのアドバイスが欲しいだけなのに、
なぜ「言い訳」と怒られるのか理解できません。



実は、出来なかった理由の説明は、多くの場合「言い訳」です。

「言い訳」とは何かと言うと、
表面的には「ごめんなさい、できませんでした」
と言っているのですが、その後に、

あれこれこういう事情で、無理だったのです。
だから悪いのは私ではありません。
私のせいではないのです。

と言外に言っているのです。

これは聞いている人にとっては、
気分が悪くなるエネルギーです。
多くの人はイライラするでしょう。




Bさんとも同じ話をした事があります。
Bさんも、相手に事情を分かってもらいたいから、
状況の説明をいつもしているそうです。

事情を分かってもらいたい、と言うのは結局、
「出来なかったのは私のせいではなくて、事情のせいです」
という事を分かって欲しいのですよね。



そしてAさんもBさんも同じ事を言っていたのですが、
会社で仕事をしている時に、
何かうまくいかない事があれば必ず、
その理由を説明することを求められていたそうです。

理由を説明すると、
「それならばこうすればいいよね」
とか、
「ではこうしましょう」
とか、
何か方法や対策やアイデアにつながったそうです。



だからそれと同じ感覚で、
何かがうまくいかなかった時には「理由を説明するものだ」
「理由を聞いてもらいたい」と思っていたそうです。



もっと極端な話も最近お聞きしました。

Cさんの知人のDさんは、どう考えても明らかにDさんが間違えたのに、
延々とあれこれ言い募り、決してそれを認めないのだとか。
どんな事があっても絶対に認めないのだそうです。

Cさんによるとその言い訳は、
5才くらいの子供レベルなのだとか。
それにかなりうんざりされている様子でした。




これらの「言い訳」は何が違うのでしょうか?
というわけで、ちょっと考えてみました。


私が思いつくのは、その「状況説明」をする「理由」とか「目的」とか「動機」です。


職場で何かがうまく行かなかった時には、
状況説明をする目的は、
「仕事がスムーズに失敗なくいくために」ですよね。

だから具体的にこうしたらどうか、というアイデアが出てくる。
ちゃんとした仕事が出来ることが、職場の優先事項ですから当然ですね。
そして事務的かもしれないけれど、気持ちの良い会話になるでしょう。


個人的なことで何かを相手に期待されていて、
それが出来なかった時の状況説明の目的は、


「分かって欲しい」


ではないかと思います。
何を分かって欲しいのかと言うと、


「状況がこうだったのだから、私は悪くない」ということを分かって欲しいのでしょう。



Dさんの言い訳も同じだと思います。
自分が間違えたことを認めたくない。
自分が悪いと認めてしまうと、プライドが許さない、自分が崩れてしまう。
絶対に自分は悪くないことを証明しなければならない。

というような心理が働いていたのではないか、と想像しました。



自分が悪かった、と本当に認めるのは勇気が必要です。

口で「分かった分かった、私のせいね」とか、
「はいはい。悪うございました」
などと言うのは、決して認めていませんよね。

そういう態度は相手を傷つけます。
とてもイヤな気分にさせます。



自分が本当に悪かった、間違っていた、
と心から認められる人は、大人なのだと思います。
それだけの「器」があるのです。

そしてその「悪かった、間違っていた」のは、

勘違いした、
思い込んで相手を決めつけた
自分の考え方が相手とずれていた
うっかり忘れていた、

というレベルの事が多いですよね。
冷静に考えてみれば、大したことではありません。
それを認めたとしても、プライドが傷ついたり、
自分の存在意義がなくなったり、
立場がなくなったり、
というような大袈裟なことではありません。


ちゃんと認めることができれば逆に「誠実な人」「信頼できる人」
という評価を得られるでしょう。
少なくとも私は、真っ直ぐに謝れる人は信頼出来ます。

言い訳をして自己弁護をする人は、信頼しにくいです。



あなたの中にも「分かってもらいたい」
「本当は私は悪くないのに」
という気持ちが湧いてくることはないですか?


実はその原因は、多くの場合は子供時代に遡ります。
子供時代に十分に両親に話を聞いてもらえていない人は、
いつまでも「分かってもらいたい」という強い思いを引きずることが多いです。

それは「心の傷」がそうさせています。
誤解されたこと、
全く相手にされなかったこと、
無視された、
聞いてもらえなかった、

そんな体験が心の傷になっている場合が多いです。

そんな時には、ヒーリングかアチューメントが役に立ちます。



では。