天災はなぜ起きるのか by女神イシスさま

天災/チャネリング

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今回の豪雨で、様々な地域に被害が出ているようですね。
日本だけではなく、中国も大きな被害にあっています。

あなたの地域は大丈夫でしょうか?
今週は「祈り隊」でも、コロナに加えて水害の地域への祈りもしています。



このような天災と呼ばれるものは、
いったいなぜ起きてくるのでしょうか?

その辺りのことを今日は聞いてみます。

天災はなぜ起きるのか  by女神イシスさま


地震や津波、豪雨に土砂崩れ、
台風、竜巻、異常気象などなど。

自然災害に人間はなす術がありません。
非難し、それが行きすぎるのを待つだけです。

なぜ自然災害は起きるのでしょうか?

それは簡単なことです。
原因があったから、その結果として災害が起きるだけです。


地球が人間を怒っているわけではありません。
あなたたちが地球に損傷を与えた。
特に地球のエーテル界に多大な損傷を与え続けているために、
その結果として地球になんらかのダメージが出ています。

全ての出来事は、原因と結果で動いています。
あなたがプラスチックを捨てる。
それが原因となって海や土がダメージを受ける。
その結果、何かが起きる。
海に流れたプラスチックが魚を痛めつけるのかもしれないし、
地中にうもれたプラスチックが、植物相を混乱させるのかもしれない。
それは様々な形で現れています。

あなたが原因を作り、その結果が現れている。
そのことを忘れてはいけない。

原因を作った者は、その結果を引き受けるのです。



あなたたちがため込んだネガティブなエネルギーが、
地球のエーテル界にたまりにたまっています。

それらが地球を死の星にしてしまうことがないように、
天の存在たちは多大なエネルギーを使って、
地球を浄化しています。


あなたが地球を痛めつける行為をするのは、
自分自身を痛めつける行為と同じです。

健康な人間は、自分自身を斬りつけたり、
毒をわざわざ食したりしないでしょう。
でもあなたたちは地球という生命体に対して、
斬りつけたり、毒を食べさせたりしています。


もう猶予はありません。
今すぐに、自分自身、つまり地球を傷つけるのをやめなくてはなりません。

でも、難しく考える必要はありません。
あなたができる目の前のことから始めるのです。
スーパーに買い物袋を持参するところから始めればいいのです。
自動販売機でペットボトルの飲み物を購入するのではなく、
水筒を持参すれば良いのです。
ゴミの分別に注意をし、
使えるものは使い、
使ってもらえるものは回して、
地球から与えられている「物」に感謝をしなさい。

地球上にある全てのものは、地球の質量から作られました。
地球外から持ってきたものはありません。

あなたたちは地球に養われているのです。
それをもっと自覚しなさい。

もうそんなに時間は残されていません。


ちょっと痛い話ですね。
「このくらいなら大丈夫」と考えて、手を抜いていることが、
私はいくつもあります。。。

ちょっと真剣に考えなくては、と思いました。



今週もスムーズな日々でありますように。
災害が最小限で済みますように。