老人の取扱説明書

老人の取扱説明書

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は面白い本を見つけたので、それをご紹介します。

老人の取扱説明書 平松類 SB新書


老人たちの困った行動は、
実は「認知症」でもなく、
「頑固な性格」でもない。

つまり純粋な「老化」というものがどういうものか、
それに対してどう対応したらいいのか、

という事が詳しく書かれています。

例えば、

・都合の悪いことは聞こえないふりをする
・同じ話を何度もする。過去を美化して話すことも多い
・「私なんていても邪魔でしょう?」などネガティブな発言ばかりする
・せっかくつくってあげた料理に、醤油やソースをドボドボかける
・約束したのに「そんなこと言ったっけ」という
・指摘は出来ないが、口がそこそこ臭い
・お金がないという割りに無駄遣いが激しい

あるあるですよね(^-^)
本当によくあることですよね。

なぜそうなるのか、
それにどう対応したらいいのか、
言ってはいけない言葉や、
自分がそうなってきた時にどうしたらいいのか、

という事が詳しく書かれています。


非常に実用的です。


親が歳をとってきたな、、と思う方は、
この本を読んでおくといいと思います。




この本の中で私がほほーと思った言葉は、


「高齢者のことは、高齢者自身よりも詐欺師のほうが勉強していて詳しいです」

でした(^-^)
高齢者の方をカモにした詐欺、多いですよね。
その防止のためにも、この本はお勧めです。


私たちもいずれ必ず通る道、ですしね。


では。