2021年、あなたの情熱は目覚める ガネーシャ神より

チャネリング研究会

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はチャネリング研究会のチャネリングシリーズの最終回で、
私がチャネリングしたものをご紹介します。

私用のカードは「「情熱を目覚めさせる・バーガンディー」でした。

バーガンディーという色の名前、私は初めてでした。
ネットで調べたら、ワインレッドをマットな感じにした色でした。
濃厚で、とても美しい安心感のある色です。



2021年、あなたの情熱は目覚める  ガネーシャ神より


2021年は混乱の年になりそうだよ。
世界的な混乱の中で、あなたは何をどうしたらいいのか分からなくなり、
自分に出来ることはない、と無力感に陥ったり、
流れるままになるしかないと感じたり、
様子見をしてから考えて、それから動こう、
と保身に走ったりするかもしれない。

でもそれは違うんだ。
迷うことも混乱も悪いことじゃない。
今、それは必要で起きている。
これは大きなチャンスなんだから、
あなた自身ももっと慌てて、もっと混乱するといい。

慌てて混乱することで、
あなたの中に古くから沈殿していた、隠されていたものが浮上してくる。
それは見たくないネガティブなものもあるし、
可能性を諦めて忘れ去ろうとしていた希望の一つかもしれない。
そういった玉石混交のあれこれのエネルギーを全て、
「よし」「存在してよし」「感じてもよし」
として、一緒につきあって行くんだよ。

十分に混乱して、十分に撹乱されて、十分に迷い迷って、
その慌てふためく無策な行動の中から、
あなたが今後進んでいくべき「道」が見えてくる。
あなたが「情熱を傾ける」べき何かが見えてくる。

時代が変わるということは、
あなた自身のエネルギーも変わるということなんだ。
時代が変わるのに、あなたが変わらないはずがない。
時代は、あなたという庶民一人一人の存在の集積なのだから。

だから慌てていい。
混乱していい。
その混沌の中で、普段はしない行動をとり、
普段は考えないことを考え、
普段は感じないことを感じ、
非日常・非常事態であるからこそ可能になることがある。

あなたはその混沌の中から目覚め、
目覚めたがゆえに、それとともに情熱も目覚め、
自分の「生」自分の「生命」自分の「生命力」を、
この人生でどのように使えばいいのかに気づくだろう。

それこそがこの2021年の混沌と変化の目的なのだ。
人類としての目覚めがあり、
個人のあなたとしての目覚めがあり、
目覚めた者はもはや過去のがんじがらめの牢獄には戻らない。

内なる自分の、自由で創造的な自分の中心から、
自分の持つパワーを開いて、それを燃料にして動き出すだろう。
あなたはそのようにして自分の情熱を目覚めさせるだろう。

僕はそれを楽しみにしている。
楽しみに待っているよ。
僕と同じくらいのパワーを持って、
僕とともに活動してくれる人を待っているよ。



このチャネリングをしている間、
特に「混乱」という単語の時に、
バーガンディーの色が浮かんでいました。

バーガンディーの色の助けを借りて、
混乱を上手に乗り切れるのだと思います。



昨日、私はうろたえていました(^-^) 失礼しました。

今日は少し落ち着いています。
そして、本当に本当に本当に、

本当にいよいよ始まるのかもしれません。



私の予想ではかなりの混乱ですが、
(チャネリングでもそう言われますし)
全てが明かされて、良い方向へと向かっていくための混乱です。

ああ、でも本当にあれが始まるのかな、、、、、



では。