やっぱり、善悪二分は無理

善悪のエネルギー

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

最近、自分が大きな変化の時期に入っていることを実感しています。
次にどのような世界が展開していくのか、、、楽しみと言えるほどの余裕はなく、
今はただ、足掻いています。

それで最近はこんな記事ばかり書いていて、
読みたくない方は積極的にスルーしてくださいませ。

私の足掻きの中に、何かあなたにプラスになるもの、
心に引っかかるものがあればいいな、と願いつつ。



アウトプットの力は偉大です。
どんなことでもしっかりと吐き出してしまうと、
必ず次の展開が来ます。

昨日は「善と悪に分ける」というかなり乱暴な事を書きました。
そうしたら、こういう意見をいただきました。


IS(アルカイダから分派した過激派組織)には子供の兵士もいたとのこと、
その子供は神のために人を殺すよう教育されているわけですよね。
その子が大人になった時、やはりそのように子供に教育します。

自分でこんなことは悪いと気づかない、
考える力もないほど洗脳されていたとしたらとしたら、その人は闇なのか光なのか。

気づいていても、ずっとその環境だったから続けたとしたら、
その人は闇なのか光なのか。


簡単に二分できない例をいただきました。
私、ISISに子供たちがどのように兵士として教育されるのか、
という動画を見たことがあります。
衝撃でした。


何かの宗教家の方の話で、
それが悪だと全く気づいていない場合には、
カルマにはならないとか、悪とは言えないとか、
そういう意味の言葉を読んだことがあります。

行動が悪に分類されるから、という基準ではなく、
それが悪いことだと知っていたかどうか、という基準ですね。

細かく考えていくと難しい問題も出てきますが、
基本的に私もそれに賛成します。

ある程度広範囲の「情報や知識」がないと、
正しい判断は出来ませんよね。


与える情報や知識を狭く、偏ったものにして、
自分たちの都合の良いように教育して動かそうとするのは、
それをする側は悪だと言えると思います。

そうされてしまった子供たちは、
悪とは言えないけれど善というのもどうなんでしょうか、、、、、


大切なのは「幅広い正しい情報と知識、そして自分で考える力」でしょうか。
だから「教育」が大切なのですね。
私、妙にふに落ちました。


そして報道規制の厳しい社会、
(例えば共産国、アメリカ大統領戦の主要メディア、偏向報道の日本など)
は、自分で考えるための正しい情報や知識を渡さない社会なので、
悪に分類されると思います。


でもやはり、スッパリと二分してしまうのには少し無理があるなぁ、、、
と思いました。

でも考えるトレーニングには十分になります。



今日はUFOに関係するお話をする予定だったのですが、
書ききれなくなりました。
明日にしますね。



では。