UFO技術と小型核融合とは

米中UFO技術競争

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。
今日の話題はこちらです。

2021.02.14 もう一つの覇権争い米中UFO技術競争【及川幸久−BREAKING−】


中国とアメリカが、UFOの航空技術の開発を競争しています。
中国が宇宙開発???
とか思いますが、実はかなりやっているそうです。

そして中国とアメリカの航空技術開発の中身が、不気味なほどに似ているのだとか。
それがUFOの技術だそうです。

これはやばい、という危機感から、
2020年4月、トランプ政権が海軍のUFO技術を初めて公開しました。

サルヴァトーレ・ペイス博士という天才的発明家が、
UFOの機密技術の開発をしているらしい。

それが「小型核融合」というエネルギー発生器で、
航空機にそれを載せるらしい。
原発の何十倍。ペイス効果と呼ばれている。

ほぼ同じものを中国が開発しているらしい。


これがこの動画の前半の内容です。


ここから分かるのは

「今やすでにUFOや宇宙人の存在・技術は、
国家レベルでハッキリと認められていて、
それは今後公開されていく。」


これ、ワクワクしますよね(*^_^*)
日本もそれをもう無視することはできなくなりそうですよね。


以前から、ロシアやイギリス、アメリカの上層部は宇宙人とコンタクトがあり、
様々な助言を得ている、という情報がありました。
宇宙人はすでにかなりの人数が、地球人に混じって活動している、という噂もありますね。
その辺りのことも興味深いのですが、

私が今回注目しているのは「小型核融合」です。

原爆や原発は「核分裂」ですよね。
これが非常に危険で、私たち日本人はその後遺症に悩んでいる。




実は私が学んでいる「秘教」には、
近い未来にこのような技術が登場する、という内容が書かれています。

その実際の場所を探そうとして、
今日一日格闘したのですが、

どのページも印と付箋だらけで見つかりませんでした。
悔しいです。
見つけたらちゃんとご紹介しますね。



私のうろ覚えの内容ですが、
私たちの意識のレベルが上がり、
闇が一斉されていくと、様々な未来技術が下ろされる。
その中の一つに、「核融合」があるという話があったのです。

これは非常に安価で安全性が高く、
核融合よりも遥かに莫大なエネルギーが得られるそうです。
水を使用するものだ、と書かれていたような気がします。



近い未来に開示される「フリーエネルギー」とともに、
地球上のエネルギー問題は解決され、
衣食住のために働く必要はなくなる技術だと思います。


楽しみです~(*^_^*)


では。