静かで美しいスピリチュアルな抵抗

ミャンマーのクーデター

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

私は実は、マイクロファイナンスの仕事に共感して、
ファンドに小額ですが投資をしています。

その関係で、ミャンマーのクーデター後のニュースが入って来ます。
その中で、本当に感動したことがあったので、シェアしますね。



ご存知のようにミャンマーでは軍部のクーデターがあり、
国内は非常事態になっている様子です。

なぜクーデターになったのかを調べてみると、
どっちもどっちだな、、、、(−_−;)と今の私は感じています。
様々な意見や感じ方があると思いますが、
私的には、闇と闇の戦いではないか? と感じる部分があります。


でも、民衆の力はすごいのです。
ミャンマー国内で抗議のデモが多発しているようですが、
そのデモが普通ではないのです。

ミャンマーのレボートをしてくださった方は、
重要だと思った事を3つにまとめてくださって、
その1が、これです。

1.政治的な不安定さ以上に民衆の団結力と知恵を知るクーデター


この詳しい説明があります。

1.政治的な不安定さ以上に民衆の団結力と知恵を知るクーデター


クーデターはひとびとの権利を奪う大変な出来事でした。
ビジネスの面から見ても間違いなく危険因子です。

そんな状況の中、ミャンマーに深く関わる外国人から出てくる言葉は「この国の人たちは、凄い」。
何が凄いの?

・徹底された非暴力
・緊迫して相対する警官へもなされる水や花の差し入れ
・抗議活動後に、自分たちの精神と活動を汚すまいと、清掃をする参加者
・その若い世代に過去の教訓をありとあらゆる方法で伝える88世代
(以前の抗議活動を率いた人たち)

「軍の狙いは抗議隊が問題を起こすこと、そのためにあらゆる手段で感情的になるように仕掛けてくる。どこかでどんな小さな衝突でも問題が起きれば、軍はそれを理由に一気に攻撃を仕掛けてくる。」

88世代を生きたミャンマーの知人は、当時を思い出すかのように、話してくれました。
彼は当時軍に勤めており、広報部に所属していたそうです。
今彼は、流暢な英語で、身近な外国人に起きた事態を伝え、
デモを行う若者に当時の情報と注意を促すメッセージを毎日のように送ってくれています。


特に・のついた4つの文章をよく読んでください。

デモの様子の写真(美しいです)もあるのですが、
使用していいのか分からないので、今回はナシにします。



ミャンマーは仏教国です。
仏教の大切な教えや、ガンジーが80年前にしたことが、
この国の方達の心の深い部分に浸透しているのだな、と感じました。

そして、警官たちにも気遣いを示す姿を想像して、
涙がこぼれました。
活動後に掃除をして清める姿に、泣けました。

民度が高いですよね。

もし日本でこのような事が起きたとしたら、
私は、私たちはミャンマーの人たちのように、非暴力で抗議出来るでしょうか?


何かがあると、「戦士」のアーキタイプのある私は、
即座にアドレナリンが大量にたぎって来て、臨戦態勢に入りそうです。

ミャンマーの人たちのように、静かに美しく抵抗するには、
相手の策略に乗らないようにするには、理性と知性と、信仰心が必要だ、と思いました。

こんな行動が取れるのは、真からのスピリチュアルですよね。
私もミャンマーの人たちのようになりたい、と思いました。



では。