本当の真実は知らされない

ワシントンメッセージ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。


一昨日からの流れなので、今日も石川新一郎さんの動画です。

【第118弾】3日連続のワシントンメッセージ、ブラボーです



ギャラクシーアライアンスの予定が、
ずっと遅れ続けている事。

石川さんの過去の動画のタイトルを見ると、
板戸市議会議員に立候補するとかしないとか、
という感じのものが出てきます。

日本人の政治家あるいは政治家系の方が、
闇の勢力とか、レプテリアンとか、ギャラクシーアライアンスとか、
そんな言葉を語る時代が来たんだな、、、
とちょっと嬉しくなります。


ただし、注意も必要です。


信じすぎない事です。

なぜなら、本当の真実は知らされないからです。

冷静に考えればおわかりと思いますが、
「敵を欺くにはまず味方から」ですよね。

戦争中に、国内に機密の軍事作戦情報を流したりしないのは、納得出来ますよね。
第二次世界大戦中に、公正で正確な報道は、ほとんどなかったでしょう。

そういうものなんです。
過去の話に関しては、ある程度の信憑性があるかもしれませんが、
たった今の重要情報や、いつ何が開始されるのか、
というような日程に関する情報も、正確なものが開示されるはずがありません。

それらの情報を見ているのは、光側だけではないのです。
今、地球上に残っているレプテリアン(ネガティブET)は、
人間に融合することが可能なのですから、
情報には警戒が必要なはずです。


というわけで、私たちにリアルに正確な情報は届きません。
ですから、よさそうな情報発信者を見つけたら、

これはフェイクではないかもしれない、
この人は比較的良心的かもしれない、

と常に「かもしれない」をつけて、
信じすぎない事が大事です。



でも、ここには本当の真実があります(^-^)