メディアは洗脳装置として作られた

メディアは洗脳装置

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はチャネリングメッセージを試みたのですが、
どうも邪心だらけで、
私が言いたい事、私が書きたい事に流れてしまいます。

それで諦めて、今日はチャネリングメッセージはナシにします。




それで、最近知って、「あーそうか。なるほど」
と思った事があるので、シェアしますね。


最近、世界の情勢については少し距離を置いて、
調べてはいるのですが、
記事には書いていませんでした。

今日は少しだけ書きます。




大手メディアで流される情報は、ほとんどが「フェイク」です。
新聞もテレビもラジオも、
ニュースというものは信頼出来ません。

アメリカ大統領選でそれが非常にハッキリと示されたのですが、
私は、カバール・DSたちがメディアを完全に乗っ取ったのだ、

と考えていました。

でもそれはどうも違うようなのです。

あ、でもいつもの通りで証明出来ませんし、証拠もありません。
ただ私が直感的に、これだな、と確信しているだけのことですので、
あなたの感覚の方を信じてくださいね。



元々、カバール・DSたち闇側が、
一般大衆をコントロールするためにメディアを作ったのです。
私たち一般大衆には、真実を知らせないために、
適当な情報で洗脳するために、
彼らは大元になるメディアの会社を作ったそうです。

そこから大手メディアが誕生した。
アメリカの話ですが、今でも毎早朝に、
今日はこういうニュースを流しなさい、という指示が、
その会社から大手メディアに流されるそうです。

各メディアはそれに従ってニュースを組み立てるのだとか。
それで、大手メディアのあちらとこちらが同じ写真を使っていたり、
同じ文言を使っていたり、という事が起きるそうです。

その指示は日本にも伝わって、
日本のメディアもそれに従ってその日のニュースを作るのだとか。

本当かどうかの検証が私には出来ませんので、
信じる必要はありません。


ただ、元々メディアというものは、私たち一般大衆を洗脳するために、
コントロールする目的で作られたのだ、
と仮説を立ててみると、

SNSやユーチューブでのあり得ない情報削除や、
肝心なニュースが全く流れない不思議や、
ウソを平気で流している姿が、納得出来ます。


元々メディアは私たちのためにあるのではなく、
人類のトップ2%の人たちが、
残りの人類を支配するための道具として作られたのです。

私はそれを聞いて、ものすごくスッキリしました。


これは仮説です。
でも、、、信憑性が高いと私は思います。