「トラウマ」も「カルマ」も贈り物

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。
 
「トラウマ」や「カルマ」ってよく聞く言葉ですが、あまりいいイメージは
ありませんよね?

生きるのを辛くさせるもの、苦しみを与え続けるものと考えられている方が
多いと思います。

今回は、そのイメージを少し変えていきましょう。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 【今回のエクササイズ】
 トラウマやカルマは、消したり、切ったりするものではありません。
 痛みを感じたら、ハートに手をあてて深呼吸。
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
私たちが生きていく第一段階は、「やるべきことをやる」。
衣食住を整えて、生活のために仕事をしなければなりません。

ですが、いきすぎるとこんな感じになってしまいます。

  ねばべきで、相手も自分もしばりつけ
  正しく生きて 息たえだえ
 
この段階では、しっかり足場を固めて、心に余裕を持つことが大切です。
 
 
そして、クリアできた人は、第二段階に進みます。
「やりたいことをやる」。

得意なこと、趣味、能力、好きなことを生かしていく段階ですね。
 
 
そして、第二段階を十分に味わいつくしたら、第三段階に進みます。
「やるべきことをやる」。

この段階が、実はあなたが人間として生まれてきた一番の理由です。
「使命」と言われるものでもあります。

仕事で行っている人もいますし、家事やボランティアで行っている人も
いるでしょう。
自分にとってはあまりに普通のことすぎて、全く気がついていない場合も
ありますね。
 
 
この三段階は、順序を変えたり、飛ばして進んだりすることはできません。
仕事として、最初から第三段階にいる人はいますが、
心の成長は必ず順番通りです。

そして、第三段階まで進んだときに、あなたが「やるべきこと」を助けて
くれるのが、実は「トラウマ」や「カルマ」です。

「トラウマ」とか「カルマ」って、苦しいし、辛いし、悲しいし、痛いし、
いっそなくなってしまえばいいと、どれだけ思うことでしょう。

ですが、苦しみがない状態では、それ以上成長しようっていう気分は
起こりませんよね?

「自分は何のために生まれてきたのだろう?」

そう考え始めたとき、「トラウマ」や「カルマ」が重要なヒントを持っています。

「トラウマ」も「カルマ」も、天からの贈り物なのです。
癒していく過程で、人は成長し、「やるべきこと」を為すことが
できるようになるのですね。

痛みを感じたら、ハートに手をあてて深呼吸。
そして、逃げずにしっかりと向き合っていくうちに、大切な気づきが得られる
ことと思います。