不安とともに行動できるように

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。
この間友達が「やればいいのは分かっている、でも不安が先に立って・・・」
と言っていたので
その会話を思い出しつつ、不安というものについてお話したいと思います。

不安

ズバッと結論を言うと

不安は消えません

ですから、不安じゃなくなったらやろう、
なんて思っていても一生そんなことはありません。

不安を抱きつつも動くしかないのです。

心配があるのは
やろうと思うことが初挑戦であり、慣れていないから。
そして失敗が怖いからでしょう。

けれど、初体験のジェットコースターなどは
人によって怖い、胸がわくわくする、など感じることが別れるでしょう。
どうなるのかは分かっているのでそれに対する耐性が論点になります。
どのくらい怖いか、または、どのくらい楽しいか。

冒険が好きなタイプは、知らないものに対する恐怖も薄いでしょうが
それでも不安に感じることもあるでしょう。
分からないものはやはり怖いのです。

知らないもの、初体験するものなどは怖い。
そう感じるのは本能だから仕方ないのです。

心配は言い換えれば「失敗するかもしれないという恐怖」なのですよね。

失敗が怖いと思う時には
前もって練習をしたり
どんなことが起こり得るかを想像し、その対応策を考えたりするでしょう。

心がクリアならそれもできます。

しかし、トラウマを抱えた状態であれば
何をしても失敗するかも、という想いが先に立ち
すべて失敗するとしか思えないのです。

成功する、と感じられなければ行動するのは難しいですよね。
動けば失敗する、と思っているのですから。

そういう方はトラウマをヒーリングなどで解消し
心が健やかでクリアになるまでに回復する必要があります。

行動あるのみ

そうそう、不安、という思いがあるのは心が健やかな証拠です。

ただ、不安に押しつぶされていないだけ。

ですから、不安をうまくあしらいつつ
一緒に動いていくしかないのです。

そのうち不安に動じない状態になることができるようになります。