「私は○○だから△△だ」のウソ その2

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。
今回は、前回の記事のつづきです。

◆「私は○○だから△△だ」のウソ
https://www.fairy-blue.com/7083/

前回、【私は○○だから△△だ】という思い込みは、ウソで、幻想だと書きました。

今回は、詳しい理由を解説していきたいと思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

◆「私は○○だから△△だ」はウソ【理由その1】

私たちは、分かりやすい「原因→結果」の理由を求めようとします。
原因さえ分かれば、「それなら仕方がないな」と、納得できる気がするのです。

原因が変えられるものなら、変えればなんとかなる。
原因が変えられないなら、あきらめる。

しかし、本当は「原因→結果」のエネルギーも幻想です。
この世界は、そのような単純なエネルギーではできていません。

◆「私は○○だから△△だ」はウソ【理由その2】

私たちは、どうにかして自分のアイデンティティ―「自分の存在意義」を
作ろうとします。

ですが、以前、人間は「いちご大福」」 でも書いたように、
アイデンティティは社会的なものであって、その人の本質とは関係がないものです。

「私は○○だ」=「自分の本質も○○だ」 ではないのですよね。

「私は○○な人だから~」と言い訳してしまうと、
自分の本質が隠れて見えなくなってしまいます。

◆「私は○○だから△△だ」はウソ【理由その3】

「私は前世では巫女だった」
「私は過去世で○○だったので、今、幸せになれるはずがない」

前世や魂の故郷、トラウマ、カルマなど、過去のとらわれすぎてしまう場合、
「今、現在」をしっかり生きていないことになります。

「私は学歴が高いから、将来は成功できる」
「私は魂のレベルが高いから、自分の子供を上手く育てる自信がある」

未来への期待でも、同じことが言えるでしょう。

私たちが今、現在を生きている理由は、今、現在にしかありません。
過去に戻れるわけではありませんし、未来を夢見て、今がなくなるわけではありません。
しっかり足下を固めて、今、現在を本気で生きていきましょう。
それが、私たちの使命でもあります。

◆「私は○○だから△△だ」はウソ【理由その4】

家や学校に馴染めない、社会でうまくやっていけない、人づきあいがうまくいかない・・
そんな居心地の悪さは、「私は○○だから△△だ」と言うだけで
解消されることはありません。

本気で自分に向き合えば向き合うほど、その違和感はなくならない、ということが
分かってくると思います。

「私は○○だから△△だ」と自分に言い続けることで、この世界はより生きにくく、
より辛いものとなっていきます。

違和感はしっかり受け止めて、認めていくしかありません。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

つまり、「私は○○だから△△だ」という言葉は
自分で地獄を作り出しておきながら、その辛さをごまかすために
ついている「ウソ」なのです。

特にスピリチュアルな能力のある人ほど、この4つのウソを認めることが大切です。
でないと、自分の能力に人生を振り回されてしまいます。

それでは、どうしたら「私は○○だから△△だ」というウソから
逃れることができるでしょうか?

そのためのエクササイズをご紹介してみますね。

【今回のエクササイズ】

呼吸に意識を向けます。
静かに、深く観察しながら、吐く息と吸う息の狭間を感じましょう。

始めは何のことかよく分からないと思いますが、
何度も続けて、実践を深めていく時に「ああ、こういうことか・・」という
瞬間が訪れます。

頭ではなく、身体が「なるほど!」と気づく体験ができると思います。