引き寄せは難しいですよその2

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は「引きよせの法則」は難しいというお話の続きを。

引き寄せたわ

「引きよせの法則」が広く知られるようになってから
悪いことがあると
「自分が引き寄せたのですよね」と落ち込んだメールが来たりします。

でも、そこには「自分が招いたから仕方ない。
でも何でそんなことになったの?」
という憤りのようなものがちらちら見えます。

私たちは無意識によって動かされています。

そこにどんな情報を持つかはとても重要。

だって、意識は無意識に勝つことができないのですから。

そこで「潜在能力で幸せになる」みたいなものが登場するのです。

潜在能力を味方に付ければ
すべて叶うはず。

違うんですよね・・・。
潜在能力の教材を売っていて
病気ですでに1年以上も休んでいる人を知っています。
買う気にならないでしょ?

「潜在能力」=「無意識」と考えてよいです。

でもね、潜在意識は本当に大切なんです。
引き寄せの法則だって大切。
でも、それだけでいいとは言えないのです。

もう少し整理しますね。

意識、そして無意識=潜在意識が存在します。
引きよせの法則を意図するのは意識
そして潜在意識が強く働く。
だからそこに嫌なものが入っていれば
そちらが実現されてしますのです。

無意識・潜在意識は多い方が勝つのです。
意識が持つ願い、そして無意識の中にある情報を比べ
多い方が実現するのです。

だからこそ、意識の浄化が大事なんですね。

そこを強調したのが有名な「ホ・オポノポノ」なのです。

効果がすごくあった、という人もいます。
でも、私は効果を感じられませんでした。
この方法は絶対いいはずなのですが
自分に効果が出なかったらそれはいらないものです。

つまり。

どうして願いが叶わないのかという理由はいくつかあります。

何で

1つは心にある深い傷。
理想のパートナーに出会いたくても
子どもの頃に親から
「男は信用するな」と言われ続け
かつ、父親はあなたに冷たい。
そうしたら男性に対する部分に大きな傷ができてしまいます。

そうすると、ちょっと好きだと思う人はみんな冷たい人・・・
そんなことが起こるのです。

どんなに潜在意識の活用をしても
引き寄せの法則で頑張っても

このパターンが治らないんです。

アファメーションは確かに効果があります。
でも、これで癒せるのは浅い傷。
深く入り込んだ傷には効果がないのです。