お詫びとエジプトミニ報告

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

まずお詫びしないといけないのですが、

私がエジプトにいる間にいただいたメールのお返事が、
遅れています。
私がエジプトにいる間に申し込んでいただいた、
アチューメントの実施も遅れています。
エジプトでさせて頂いたアチューメントなどの、
ご報告も遅れています。

戻ってきたらどーーーっと仕事がてんこ盛りになっていまして、
必死でしていますので、
もう少しお待ち下さいませm(_ _)m

それから、エジプトお土産企画が水面下で動いています。
こちらも間が抜けないうちに、お知らせしたいです。

……………………………………………………

そして今日はエジプトミニ報告です。

エジプトに行く時には、
大丈夫ですか??というメールを沢山いただきました。
ありがとうございます。
母は冗談だと思っていました。

戻ってきて母に報告したら、
「えーーーー~ 本当に行ってきたの??」
と言われました^_^;

私も「本当に行けるのか?」と心配していたのですが、
外務省の警戒レベルは上がらなかったし、
行ってみたら普通でした。

ただ、荷物チェックは徹底的に多いです。
空港でも何度もチェックがあり、
エジプト内の様々な遺跡の入り口でも必ず、
カバンの中身チェックがありました。

ホテルの入り口でもカバンの中身チェックがあります。

そして要所要所に検問的なものがあり、
銃を持ったおまわりさんが何人も待機しています。

本物の銃を持っている人を、身近に見た事がないので、
ちょっと怖い気持ちもしました。

そして観光バスの中には、観光ポリスという方が乗り込んで、
ずっと一緒でした。
この方がいるので、あちこちの検問のような場所を
スムーズに通過出来るのだそうです。

で、当然と言えば当然なんですが、
ああこの人は警官だな、というのが、
その人のたたずまいを見ていると分かります。
引き締まった身体で、焦点があった厳しい顔をしています。

この人達がエジプトの国を守っているのだな…
と頼もしく思いました。

色々物騒なニュースも目にしますが、
自分たちの国を自分たちで守る、という強い意識を持つ人がいる、
というのは必要な事なのだと思いました。

ミニ報告でした。