6月の 教えていずみさん!!

6月の教えていずみさん!!は、日本だけでなく世界中を娘さんと旅して回られていたというトラ子さんをお呼びしました。
こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。
6月の教えていずみさんのコーナーを始めていきますね。
今回はこの企画を立ててくれたプロデューサーの松隈さんがサブで入ってくださいます。
自己紹介しますか?
はじめまして。
フェアリーブルーで店長のかつまたさんのアシスタントをさせて頂いています、松隈と申します。
普段は表に出る事はないんですけれども、今回このような企画を提案させて頂いて、採用して頂いたという経緯があります。
よろしくお願い致します。
よろしくお願いします。
最近急に暑くなってきて・・・
そうなんです。
私は特に暑がりで、私が住んでいる愛知県はこの前気温が30度近く行きまして。
最近、いずみさんはどうですか?
もうたまらないよね、ありえないよねこの暑さ。
今年の夏が思いやられるといいますか・・
変な話なんですが暑さ対策や湿気対策ってアチューメントでどうにかなるもんなんですか?
本当にね・・・
涼しくなるアチューメントって本当に欲しいよね。
体がスッキリと涼しくなるアチューメントとか暑さを感じないアチューメントとか。
欲しいですね、考えておきます。
他に何かいずみさんがやっていて、これが良かったっておススメあったりしますか?
あるある、聞いてください。
ありますか?通販みたいになってますよ(笑)
(笑)
私ね、肌がすごく弱いのよ。特にあせもがすごくて。
この歳になっても毎年首回りとか腕とか、あせもで痛くて痒くて仕方がないの。
ありとあらゆるいろんなことを試したんだけど何も効かなくて。
一日3回ぐらいシャワーを浴びるのが一番良かったんだけど、そんなのやってられないでしょ?
そうですね。
それがよかったのが、浄化用紫ソルト
でましたね、万能紫ソルト。
あれであせもになりやすいところを軽くマッサージするとほとんどあせもにならないの。
パウダーの方を塗り込む感じです?
そう。あれをやるとあせもにならない。夏の不快感が全然違う。
子供って、大人以上にあせもがひどいじゃないですか。
子供の純粋な肌に浄化を行うのもありなんでしょうか?
ありです。
お風呂に入るときにさっとつけてマッサージしてしばらく放置してから洗い流す。
後で個人的にカートに入れます(笑)
もうちょっと聞きたいんですが、今日のメインはゲストの方なので・・・
旅行が趣味で旅行をたくさんしていらっしゃるというトラ子さん。
世界中を旅してまわっているという方でいろいろお話をお伺い出来たらと思い本日お呼び致しました。
それではトラ子さん、自己紹介お願いします。
こんにちは。初めまして、トラ子です。
ご紹介頂きましてありがとうございます。
いずみさんと知り合ってもう2年と9カ月ぐらいでしょうか?
そうかな。
そうですよね、お世話になってます。
私のメインはお母さん。娘が20歳になりました。
あとは、会社員として勤めまして約30年経ちます。結婚して25年になります。
今回トラ子さんというのは、旅行の達人なのでトラベラーのトラ子さんという事で、今回トラ子さんとお呼びしています。本名ではありません(笑)
お聞きしてるとね、相当の旅の達人なのよね。
そうかもしれないです。
あまり自覚がなかったんですけど、最近旅行について話す機会があって、皆さんから良い反応が返ってきて。
あまり旅行について話す機会もなかったんですが、話してみると面白い反応が返ってくるので、話してみて「私は旅行が趣味だったんだ」と気付きました。
気が付かなかったんだ(笑)
そうなんです。
周りにもそういう人が多いので、あまり気が付かなかったんですよね(笑)
会社員といっても、同じ仕事を30年弱続けてきたんです。
ジョブシェアといいまして、もう一人のパートナーがいて、その人と一年間のうちに半分ずつ受けて。
一人分の仕事を二人で分けてしているので、割と融通が効くっていうんでしょうか。
半分はお休みになることもありまして、動きやすいという。
すごい良い働き方。
そうですね。その点はすごい恵まれたかなというのと。
最近はこれからの女性のために何かしてあげたいなと思ったりしています。

空港で鹿児島行という文字を見たら「鹿児島行きたいね」って思ったんです。

後でゆっくり聞かせてください。
私ね、トラ子さんから個人的にいくつか旅のエピソードをお聞きしたことがあるんだけど、これなら今話してもいいなっていうエピソードがあったら教えて頂けますか?
実は娘が最近一人旅を始めるようになって、その土台になったのは何だったのかを質問してみたんです。
そしたら意外と身近な国内でのドタバタ旅がすごく印象深かったみたいで。
その印象的な旅っていうのは、10年前の旅だったんです。
10年前だと娘さんはまだ中学生ぐらいよね。
そうですね。
北から南まで縦断して、その場その場で決めてという感じで。
旅行の間に広島の友達のところに居たんですが、空港で鹿児島行という文字を見たら、
「鹿児島行きたいね」って思ったんです。もう帰ろうかっていうときだったのに(笑)
プロペラ機がたまたま2席あいていたので乗ったんです。
そしたら今度は屋久島行の飛行機が空いていたんです。
鹿児島だからね(笑)
それで飛び乗ったんです。
降り立ったら、その日がアルピニストの野口さんのツアーがあって盛り上がっていたらしくて、
着いた後に宿がないことが分かりまして。
夏休みだったので野宿もいいかなって思ったんです。
その時に娘に「ママって予約できないの?」って言われて。
それまで普通の方たちが予約をしたりするっていうのは娘も気が付かなかったんです。
その辺り天然ですよね(笑)

長老さんがすごく素敵な方で、仙人だったんじゃないかなと思っています。

そうですね(笑)
屋久島にいって、ガイドさんの予約だけはしようと思ったんです。
そしたらガイドさんが「え!?宿がないの?」ってまずびっくりして。
それから大丈夫かなって心配されて、町の長老さんを紹介されたんです。
長老さんのお宅まではヒッチハイクで行くしかなく、拾ってくれたおじいちゃんのトラックの荷台に乗って運んで頂くということを経験しました。長老さんがすごく素敵な方で、仙人だったんじゃないかなと思っています。
その時期は長老さんの娘さん・お孫さんが10人ぐらい集まっていて、私たちがそこに紛れても全然違和感がなかったのかなという感じでした。
子供たちも東京から来たというだけで興味をもってくれたんですね。
東京から来た人だ!みたいな。
そうです。
本当は1泊だけのつもりだったんですが、居心地がよくて1週間もお世話になって。
その間に、娘は田舎独特の甘酸っぱい経験をしていました。
カブトムシが宿る聖なる木というところに連れて行かれて。
木を蹴とばすとカブトムシが100匹ぐらい落ちてくるんです。その他にウミガメを見に行ったり。
屋久島を満喫しました。
その長老さんが、尖った石の先端を重ねられる人で。

えー!?いろんな石を重ねる人はみたことあるけれど、尖った石の先端を重ねていくの?それはすごい。
その頃スピリチュアルというのがだんだん出てきた時期で、その後にいずみさんに出会ったときにすんなり入る土台になったんじゃないかなと、今思っています。
娘さんにとっては一人旅の原点、トラ子さんにとってはスピリチュアルの基礎になった体験があった。


▲旅行をした後の娘さんの感想文

そうですね、そんな感じの旅を国内外でしていきました。
海外でもそんな旅をされているのかな?
行き当たりばったりでその土地の人と仲良くなって。
仲良くなってというよりは、結構危ない目にもあってきていますね(笑)
オーロラを見に行ったときには、着いて2日目ぐらいに本当に素晴らしいレベル5の素晴らしいオーロラに遭遇出来たんですが、大寒波で町中が停電しちゃって。
家の中もマイナス10度ぐらい。
私は死ぬんじゃないかって言われました。
ある意味、旅が戦いでもあったというか。
そんな旅を一人で行ったり、娘さんといったりされてきたんですね。
トラ子さんは娘さんにもたくさんのアチューメントを付けてくださったんですよね。
その話を聞かせていただけますか?
娘が旅に出るようになった時期に、娘を変えるというよりも私の娘に対しての見方を変えるためにリンクして頂きたいなっていうのが本音で。
旅のお守りとしてラファエルさんを付けて頂いたんですよね。

ラファエルは旅人の守護天使で、ヒーリングの天使でもあるしね。
ラファエルを付ける前に自分に薬師如来さまを付けて頂いた途端に、娘がボランティアの旅で陸前高田に行ったんです。
その時期が、震災で傷ついた薬師如来さまが京都で修復されて陸前高田に戻るのと同じ時期だったんです。
そういう不思議な現象があって、その中にあったものが溢れ出てきたという印象だったんです。
娘も一人旅をするようになって、私に似て破天荒な旅をするものですから、心配をしたくなくってラファエル様を入れて頂いたんです。旅のお守りとしてラファエルさんを付けて頂いたんですよね。
旅ってそういうものだと思ってるんでしょうねきっと。
大学生になってプレゼントとしてハニエル様をつけてもらったんです。
ハニエル様は若い人には皆付けてほしい。
ハニエル様を付けて頂いたことによって、あまり詮索しなくなりました。
親としては子供がどんな恋愛をしているのかなって興味もあるし心配よね。
そうなんです。
ハニエル様を付けていただく前は、異性関係で浮かない顔をしていることもあって、見ていて気になっちゃうんですよね。
それはそうよ~。
そしたら付けて頂いた瞬間に私の心配がどこかにいってしまって。
それが面白いよね。
娘さんに付けたことで母親の方が楽になる。
そうなんです。
私にとってはそれが教えていずみさん!なんです。
やっぱり、結びつきが強いから。
お母さんと娘さん。
娘さんが良い形で独立をしてくれるようなエネルギー調整をしてくださったのかな。
なるほど。
でも繋がりが切れるわけじゃなくて、保ちつつ、自分の世界を持っていけるようにっていう感じよね。
いずみさんとの出会いが受験の時期だったんですよね。
最近あった受験・風邪ヒーリングを見て思い出したことがあって。
私は受検の時期にいずみさんにハートウォームエナジーをお願いしたんですよね。
お願いした途端に、いずみさんの言葉を借りると「難しいことは任せてしまえばいい」と。
それまでは私が受験をするわけじゃないのに、心配したり問答したり恐れたり、受験と戦っていた気分だったんです。
アチューメントを付けた途端「もういいや」って。
そんなに変わるもんなんですか。
個人差が大きいのよね。
トラ子さんはとてもエネルギーに敏感な方で、とてもいい変化が感じられる方なので。
ありがとうございます。嬉しいです。
お母さんと娘さんがくっついちゃっているのを分けられるようになったのね。
その通りだと思います。付けて頂くことによって俯瞰する方が居て下さるんだからと、心配がなくなっちゃって。面倒くさいとは違って、安心感が出たんです。
良い感じですね。良かったです。
本当に多くのお母さんたちにそういう体験をしてもらえたらなと思っています。トラ子さんの話は面白くてもっともっと聞きたくなるんだけど、冒頭に話していたこれからの女性にしてあげたいということを聞かせて頂けますか?
その話ですね。
いずみさんも女性の生き方を応援なさっていらっしゃいますよね。
今の女の子たちがこれほどパワハラやマタハラに遭って、結婚や妊娠が難しいということにすごく驚いたんです。
先進国の中では女性の働きにくさ、ワースト1位なんです。
ワースト1位ですか!?
世界的に見ても後ろから数えた方が早い。
そうなんですか。
そうらしいんです。
いずみさんもどこかでおっしゃっていましたが、戦後の終身雇用神話が崩れてきて、女の子たちが仕事か結婚かで悩んだりとか。
すごく心が痛んだのが、母子家庭で貧困に陥ってしまうというのがすごくショックな出来事だったんです。
北欧などは完全に守られるんですよね。
福祉が行き届いている。
ということは、離婚をしたくても出来ない女性がいっぱいいると思うんです。
キッズルームなどの設備を増やすよりも、心をかけて育てることが教育に繋がるんだろうなというのを自分の中で考えています。
私が次に誰かのためになるとしたら、若い女性が安心して子供を産めて仕事もできるっていう環境に、心をかけてあげたいなって。
具体的にどうするっていうのは見ていないけど、若い女性たちが結婚したり子育てしたりっていうためのサポートを作りたいと。
良いですね。
本当にそれって必要だと思うの。
そうですよね。
ありがとうございます。
いずみさんも女性のことが良く分かっていらっしゃいますよね。
そこに惹かれたのかもしれないです。
やっぱり女性の応援がしたくて。
精神的に、経済的に選択肢が増えるような何かをやりたいよね。
そうなんです。
私も具体的に何ができるかは分からないけれど、ずっと「もうちょっと出来るはず」というのがあります。
思ったよりも傷ついている方が多くてすごく驚きました。
普通で良いと思うんです。
そうなのよね。
大それたことを望んでいるんじゃなくて、普通に生きていきたいだけなの。
それが難しい方がたくさんいらっしゃるっていうのが。
将来何か一緒に出来る可能性があると良いなと思いました。
話は尽きないんだけど、松隈さんそろそろ締めましょうか。
この記事は6月に公開されるんですけれども、この記事を読む方の中にはお子さんが居る方も多いと思うんです。
そういった方に、子供にアチューメントをするですとか、同じ母という立場から何かメッセージをお願いできますか?
いずみさんお願いします。
母親にとって、子供が自立していくって喜びでもあるんだけどやっぱり喪失感なのよね。
何もなかったところに新しい命が増えちゃうんだよね、子供が出来るってさ。
だから、母親にとって子供ってどこか一心同体的な強い繋がりがあるなと思うんだけど、それを子供の成長段階に合わせて親も自立していけたらいいなっていつも思っていて。
そのために母親自身へのアチューメントとか、子供さんが自立していくためのアチューメントを受けて頂けると良いなって思っています。
ありがとうございます。トラ子さんどうですか?
分かります。その通りだと思います。
自立しなきゃって言っている時点で、戦っていたんですよね、私の中では。
いずみさんに「そういった戦いは神様リンクの神様に任せてしまえばいいのよ」って言われて、シバ神をつけて。
そしたら、シヴァ様が戦ってくれるので私は何もする必要がなくなって。
自然な感じ。
自然な感じで。
難しい事をお願いしてしまうというのもなくて、でも気が付くと私から不安がなくなったっていうこと=いつの間にか私の代わりに戦っていてくれたんだろうなっていうことにすごく感謝ですね。
よかったです。
ありがとうございます。
それでは今回の教えていずみさん、終了ということでよろしかったでしょうか?
ありがとうございます。
今回はトラ子さん本当に楽しいお話を聞かせてくださってありがとうございました。
いえいえ。何かお役に立てればいいんですけど。
はい。では終わりにしましょう。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。
収録後にも素敵なお話を伺いました。認知症になったお父さんは、宝石からくず石まで、石がすごく好きな方だったそうです。
そんなお父さんが先が長くないかもしれないとなったときに、家族で話し合いの場が持たれたそうです。
末っ子だったトラ子さんは、「自分は良いから」と遺産を受け取ることを手放したそうです。するとお父さんが「トラちゃんありがとう、これをあげるね」と水晶を出してきたそうです。
後から家族が聞いても「お父さんは持ってない、石なんてあげていない」と
あげたこと自体を忘れてしまったようでした。不思議だなぁと思い、いずみさんにそれについて質問したところ
「石っていうのは持つべき人のところに来る」っていう事を教えて頂いたとのことです。家族を想い、「自分は良いから」と遺産を手放した結果、
お父さんが大事にしていた水晶がトラ子さんのところにきたという
すごく素敵なエピソードでした。


心身のヒーリングを大天使ラファエルに助けてもらいましょう