トラ子さんの願い

女性が働きにくい国

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は「教えていずみさん」の6月号の録音日でした。
トラ子さんとお話ししていて、
そうそう、そうそう、と思った事があります。

それは、

先進国の中で、女性が働きにくい国のワースト1が日本だそうです。
先進国だけでなく、全世界的に見ても、
後ろからの方が早い順位だとか。

本当???

って思うのですが、

調べて見ました。
29カ国で調べた2016年の資料では、下から3番目でした。

下から3番目ですよ!!!

トラ子さんの言われた先進国が何カ国か分からないのですが、
どちらにしろ、絶望的に低いです。

女性の給料が安すぎる。
有給休暇が取りにくい会社が多い。
育児休暇がないと、出産で辞めざるを得ない。
結婚退職をしなさい、という雰囲気の職場がいまだにある。

というような、日本的な風土、社会的な問題があり、
さらに、

セクハラやパワハラ、マタハラがあり。
離婚したくても子育てを考えるとできなくて我慢したり。

実は今、癒しのプロコースの仲間が、
退職することになったのですが、、、、
会社側の態度がどう考えてもパワハラで、
これをどう切り抜けたものか、、、みんなで考えています。

なんだか悲しくなりますね。

結婚や出産をしながら、仕事を続けていきたい、
と願う女性たちに、何か出来ないかな、というのが、
トラ子さんの願いでもあります。

そして私も新たに強く思いました。
女性たちがもっとイキイキ出来るようなサボートがしたいです。

そして、なぜ日本では「いじめ」的なことがなくならないのか、
ずっとずっと調べているのですが、
ちょっと分かってきました。

これはもう古代からの日本人のDNAに染み込んでいることなので、
簡単にヒーリングして、とは行きません。

でも、「いじめ」的な構造の中にいる自分に気づいた時、
何か出来るのではないかな、
何か方法があるのではないかな、と思います。

とりとめもなく書きました。