「人生の失敗」なんて、本当はないのかも。

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

実は、私はバツイチです。

つき合う男性、結婚する男性、みんなが私に依存的になってしまうのです。

ある時、ふと「ああ、これが私のテーマなのか・・」と気がつきました。

そんな男性たちを引きつけてしまうのは、私自身が解決していくべき課題であるのだ、と。

そんなことを考えていたら、「たましいのリーディング」をなさっている、
廣里ひで子さんに言われたことを思い出しました。

その時いただいた言葉は、私にとって、とても衝撃的でした。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
依存的な人たちがやってくるのは、私の人生にあらかじめセットされている
出来事だということ。

彼らは皆、今の人生で自立する準備ができている人たちだということ。

私が出会って、離れていくことで彼らは自立していける。

それが私のお役目だったのです。

だから、罪悪感を持つ必要はない・・・
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
人との間に起きる出来事は、どちらか片方ではなくて、関わってくる
すべての人たちの課題でもあるんだと思います。

そう考えると、「人生の失敗」なんて本当はないのかもしれませんね。

どれだけ傷ついて、どんなに辛い思いをしたとしても、それは「失敗」ではない。

起こったこと全てが、私たちが成長していくための糧になっているのですから。