不思議な旅の不思議な出会い~「悲しみ」からの卒業

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は私の、「悲しみのテーマからの卒業」というお話をしていきたいと思います。

私にとって悲しみとは、自分の人生そのもののことでした。

今までに何度も、私の過去世をチャネラーさんに見てもらってきましたが、
そのたびに出てくるキーワードが「悲しみ」なんです。

輪廻のテーマが「悲しみ」となっているのか、過去世で何度も繰り返してきたように、
今回も三十苦(三重苦ではなく!)くらいの人生を、うつむきながらトボトボと
歩いてきました。
本当に辛くて、苦しくて、悲しくて、寂しく暗い人生でした。

そんな時に、不思議な旅の、不思議な出会いがあったのです。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
もうずいぶん前のことになりますが、四日市の友人と神社めぐりの旅をしました。

伊勢神宮と水屋神社のお参りコースです。

何もかもが「とっても濃い」2日間だったのですが、
その中でも「水」がキーワードの旅でした。

名前の「いずみ」からも分かる通り、私は「水」にご縁があります。

それまでにも、何度も水の奇跡を感じることはあったのですが、
この旅では水屋神社の裏手にある櫛田川で起こりました。

道案内をしてくれていたMichaelが、突然「ぎゃーーーーー!!!!」と叫び出しました。

一体何事!?とドキドキしながらMichaelが指さす先を見ると、
なんとそこには「まむし出ます」の看板が!!!!



「・・・なんや、看板やんか(-。-;)」

と、冷静になる私に、Michaelが怖がって行くのをやめると言い出しました。

それはそうですよね。
Gパンにスニーカーと、ほぼ心配のない私に比べて、Michaelはスーツに
サンダルだったのですから。

私はスニーカーを履いてきた自分をとっても、とっても褒めましたo(^▽^)o

不思議な具合に削れた岩が続いている場所に鞄を置いて、川辺まで
降りてみることにしました。

川は前日の雨で流れが急になって、水が濁っていました。

おそるおそる降りていき、流れにそっと手を入れてみます。

すると突然、涼やかな風がひゅっと体を通り抜けていきました。

なんて不思議な、この感覚・・・

思い切って裸足になり、両足を流れに浸してみます。

すると足だけなのに、まるで全身を川の中に横たえて、流れに身を任せているような
エネルギーを感じるのです。

まるで自分が透明になり、川と一体になったような・・

水の流れと、風の香り。
周りの景色全体が、私を優しく、静かに癒してくれるようでした。

それは言葉にできないくらい、歓喜に満ちた、喜びの体験でした。

しばらくそうした後、一人で蚊にかまれているMichaelの元へ戻って
川の流れの素晴らしさを語りました。

「今日は雨上がりだから、水が濁ってるからね。
 いつもならあの川の美しさに絶叫するよ。」

Michaelはそう言うけれど、水の濁りなんて気にならないくらい
美しいエネルギーだったんです。

私は水の神様と出会った。

今でも、そう信じています。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
そして2日目の神社めぐりを終えた後、あれ?と思いました。

何かが違う・・

私の、「悲しみ」に対する意識が変わってきたのです。

それまでは「悲しみ=自分」だったのに、悲しみと自分は別の物だという気持ち。確信。

胸やお腹にモヤモヤとたまっていた黒い塊が、ずいぶん軽くなっているように思えました。

「私の、悲しみのテーマからの卒業が始まったのだ」

今までの人生、過去世で続けてきた、悲しみの時代はもう終りにしよう。

心の底から、そう思えることができるようになった気がします。

これもきっと、お世話になってきたさまざまなヒーラーさんたちや、見えないところでサポートをしてくれている存在たちのおかげなんですね。

本当に、感謝です。

私はこんな体験を是非、お客様たちにもして欲しい。

そんな気持ちで、このお仕事を続けているのだと思います。