痛みや悲しみとのつきあい方について

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

深い悲しみや痛みについてのご相談、やっぱり多いんですよね。
あまりにも辛いときの解決方法について、私のとってきた方法を書いてみようと思います。
どなたかのお役に立てるといいのですが・・

私の人生で一番苦しく、辛かったこと。
調べていくと、なんと過去世で何度も、何度も繰り返してきた出来事が、形を変えて現れていただけでした。
それまでの人生では解決できなかった、魂の課題だったのです。
だから再テストのように、クリアできるまでは、同じ課題が繰り返されていたのです。

これが分かった時のショックは大きかったです・・

輪廻についてはそれなりに分かっているつもりでしたが、
過去世と同じ課題が何度も繰り返されているという生々しい感覚・・
しかも決して、逃げることは許されていないようなのです。

もう嫌だ!
もう、こんなことは絶対に繰り返さない。
もうここで終わりにして、絶対に終止符を打ってやる!

そうでないと、次の人生でもまた、同じことを繰り返してしまうだけなのです。
だったら、早く心の整理をつけて、手放してしまった方が楽なのです。

でも、手放すにはどうしたらいいのでしょうか?
辛かった出来事を忘れよう、なかったことにしよう、としても無理なことですよね?
記憶を消すことはできないわけですから・・
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
世の中にはカウンセリングや講座、ヒーリングなど、さまざまな方法であふれています。

私も、今までにいろいろなことを試してきました。

でも、どれを受けても、痛みや悲しみが一瞬にして消えてしまった!
なんて魔法みたいな方法はないのですよね。

大切なのは、痛みや苦しみを排除しようとするのではなく、その存在を認めてあげること。

「辛かったんだね」
「まだ、そこにいてもいいよ」

と、傷ついた子供を癒すように、優しく労わってあげてください。

始めは向き合うことすら辛いと思いますが、
ケアしてあげているうちに、傷との関係性が段々と変わってくると思います。
暴れて手のつけられなかったペットが、少しずつ懐いてくれるように・・

あなたはその痛みや悲しみの被害者ではないんです。
何かができないこと、うまくいかないことをそれらのせいにしていませんか?

前に進んでいけないことを傷のせいにするのはやめて、
少しずつでいいから、自分が本当にしたいこと、やりたいことを始めていきましょう。

思い出して辛くなるたび、被害者モードに入りそうになるたびに、
「よしよし、大丈夫だよ」と宥めながら、自分のやるべき事をやっていく。

自分を悲しみや苦しみから救えるのは、自分自身しかいないのですね。

どんなに辛くても、そんな自分にだからこそできることがある。
また、それがあるからこそ、この世で自分が果たすべき何かをしていける――

一度、そんな風に考えてみてくださいね。

試してみる価値はあると思います。