「十牛図」~人生の魔法地図

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

私たちは誰でも、お気楽な人生を送っていきたいと思っていますよね。
ところが人間は抱えているものが重すぎて、天使のようにふわふわと飛び回る軽さが
ないのです。

私たちが天使になるためには、まずは自分の重さ――
自分の心の闇や、心の奥にどろどろとたまった黒いものを、一度しっかりと見つめ
直さなければなりません。

美しい蓮の花が、泥の中でしか咲けないように、
本当に美しいものは、暗闇から生まれるものなのかもしれませんね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
870年ほど前、中国に廓庵さんという、禅宗のお坊さんがいました。
「十牛図」で有名な方ですが、ご存知でしょうか?

十牛図は10枚の絵からなっていて、牛をつかまえて飼いならそうとする人間の
様子が描かれています。

これは見たままの意味ではなくて、スピリチュアルな「魔法の地図」なんです。

魂が何を求めているのか、そして魂の旅路をどう進んでいくのか。
そんなヒントがぎゅっと詰まっている、とても奥深い作品なんですね。

私はフェアリーブルーという会社で、さまざまなヒーリングやアチューンメントを
ご紹介させていただいています。

   ◆ホームページはこちら
   https://www.fairy-blue.com/

その中で、たくさんの人たちの、さまざまなエネルギーを感じてきました。

人生を前向きで生きていきたい方、
今の状態をなんとかして、変えていきたいと思っている方、
本当に欲しいものを手に入れたいと思っている方、
暗闇から光の方向へと向かい始めた方、
頑張ることに疲れてしまって、何かの救いを求めている方・・

どうにかして、人生を前向きな方向に進んでいきたいと思っている方たちばかりでした。

そんなとき、「十牛図」を眺めてみてください。
あなたが今、魂の旅路をどのくらいまで進んでいるのか、おぼろげながら
分かってくると思います。

   ◆十牛図
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%81%E7%89%9B%E5%9B%B3

緊急医療や代替医療の分野で活躍していらっしゃる、イギリスのお医者さん、クリスティ・ペイジさんは言われたそうです。

「残念な事に80~90%の人は、自分の魂の旅路をやらぬままに人生を終わる。それは恐れからだ。」

地図を持たずに旅をすること。
気候や交通、その土地の人間の性質など、何もかもが分からない場所を旅するのは、
それは不安なことでしょう。

人生にはお手軽なツアーなんてありませんから、一人ひとりが自分で考えて、
進んでいかなければなりません。

そんな何もかもが分からない旅の中で、大きなトラブルが起きてしまったり、
思い通りにいかないことだらけだったりしたら、怖くて前に進めなくなることも
あるでしょう。

でもそれは、本当は「天からの招待状」なのです。
ガイドブックだって、こっそり用意してくれているのですよね。
それがたとえば、この「十牛図」だったりするのです。

泥沼を抜けたところで、光の花は咲く。

どうか、暗闇を恐れないでください。

恐怖や不安で動けなくなってしまったときは、
「十牛図」やアチューンメントや、さまざまなツールをどんどん活用していきましょう。

そうすることで少しずつ、お気楽で、身軽な人生を送れるようになっていくと思います。