「能力」はただの「道具箱」

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。
 
映画『グリーンマイル』をご覧になったことはありますか?
ずいぶん昔の映画になりますが、トム・ハンクスが主演のヒューマンドラマです。

ヒーラーが出てくるので、スピリチュアルやヒーリングに関心のある方は、
是非、見てみてくださいね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
1935年、アメリカのとある刑務所の死刑囚舎房。
看守のポール(トム・ハンクス)のところに、黒人死刑囚のコフィーが送られてきます。
幼女姉妹を虐殺した罪で収監されたのですが、実はそれは冤罪なのです。

コフィーにはヒーリングの能力があり、その能力のためにとても苦しんできました。
そして自分の人生をあきらめてしまい、死刑で殺されることを望みます。
自分を理解してくれたポールに、その能力の一部を託して。

年老いたポールは、104歳になっても、その能力に苦しむことになります。
そして、死ぬことだけを夢見て生きている・・
そんなストーリーです。

二人とも、能力に振り回されてしまった「犠牲者」でした。
能力には、それを有意義に使える「器」が必要になります。
自分の「器」ができていないのに能力だけ得てしまった場合は・・

苦しみしかない、地獄です。

結局のところ、能力=自分ではないのです。
自分があってこその、能力なのです。

私にも、それが分からずに勘違いしていた時期がありました。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 私だけの 特殊能力 さえあれば
 人生すべてが うまくいくはず
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
そして、素晴らしい能力を持っているにも関わらず、人間としては尊敬できない人にも
たくさん会いました。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 能力を 自分自身と 勘違い
 過信し卑下し 人振り回す
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 この人に よかれと思う おせっかい
 すればする程 マイナス反応
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
「能力」はヒーリングに限ったことではありません。
仕事の技術とか、得意分野とか、資格などにも当てはまりますね。

自分を見失って、「能力」に依存してしまう。
そして、またもや地獄を作っていくのです。

これは、そんな「影」を詠んだ詩です。
ポールとコフィは、まさにこのような状態でした。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 能力を 持つ苦しみの 引き換えに
 打ちひしがれて 我が身を呪う
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 能力を 罰と受け取り 耐え忍ぶ
 死ねる日ひたすら 待ちわびながら
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
映画を観ながら、私は憤りでいっぱいになりました。

「何を犠牲者ぶってるの!?
いつまでもウジウジいじけていないで、私のセッションルームまで来なさいよ!!!」

そんな「今、苦しんでいる」ポールやコフィのために、光の天使さんが降りてきてくれました。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 能力は この世の仕事の 道具箱
 光に使って 使いつくさん
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
私も、あなたも、「能力」はただの「道具箱」であることをしっかり肝に銘じましょう。

そして、天から授けられた仕事のために、奢ることなく、上手に使っていきましょうね。